安倍首相、開会式出席表明の裏で・・・

安倍首相が平昌五輪の開会式への出席を表明した。

ただし文在寅大統領と会談し「慰安婦合意の再交渉には一切応じない」や「日本大使館前の慰安婦像をどけろ」「北朝鮮と取引をせず、圧力重視で臨め」など、厳しい要求を突き付けるものと見られている。

文在寅はどうしても安倍首相に来てほしかったので、会談では慰安婦合意などには触れず「未来思考で仲良くしよう」「北には圧力重視」と、調子のいいことを言うに違いない。

約束を守らない韓国の、日本への要求とは

安倍首相の側近によると、当初、安倍首相は平昌に行く気だった。

しかし、慰安婦合意で韓国が事実上の再交渉を言い出したので、行けなくなってしまった。
米国など周りから「行ってくれよー」と頼まれて「首脳会談で厳しいこと言えるなら」という条件付きで行くことにしたのだ。

韓国、米国はじめ国際社会は、これを歓迎している。
日本国民も賛成の方が多い。
韓国は約束を守らないひどい国だが、日本は大人げない態度をとるな、ということだろう。

世界の大国のリーダーはみんな大人気ないぞ!

ちょっと待ってくれ!
世界の大国のリーダーで、誰か大人げなくない奴はいるだろうか?
トランプ大統領、プーチン大統領、習近平国家主席。
みんな大人げないぞ!

自分の国のことしか考えてない。
それどころか、自分の権力維持しか考えてない奴さえいるじゃないか。

大人のリーダーと言えば、ドイツのメルケルさんだ。
移民の受け入れ、EUの維持と正論を通しているが、そのせいで選挙で負けて連立維持に四苦八苦している。

安倍首相の平昌行きは、文在寅への「貸し」だと言う人がいる。
残念ながら文在寅は「借り」とは思っていない。
お金を「貸し」ても、相手が「もらった」と思っていたら、お金は返って来ない。
それと同じだ。

私は、安倍首相の少し”大人げないところ”が好きなんだけどな・・・。