フランスで開催された日本の酒のコンクール「Kura Master(クラマスター)」で、宮崎県都城市の2つの酒造メーカーが、各部門で審査員賞を受賞した。

霧島酒造と柳田酒造が受賞

霧島酒造は、2022年に開催されたKura Master 本格焼酎・泡盛部門の樽貯蔵部門で、「黒霧島 MELT」が審査員賞を受賞した。

この記事の画像(6枚)

8月18日は、フランスから来日している審査員などが霧島酒造を視察した。

焼酎の原料となる芋の種類ごとに試食を行い、4種類の焼酎の香りや口当たりを確認しながら試飲していた。

Kura Master 本格焼酎・泡盛部門 クリストフ・ダヴォワンヌ審査委員長:
まずは、この建物のスケールの大きさに圧倒されました。設備にも圧倒されました。焼酎のフランス人に合う飲み方というのを見つけて、広げていきたい

宮崎県内の酒造メーカーがKura Masterで審査員賞を受賞するのは今回が初めてで、霧島酒造のほかに、柳田酒造の「青鹿毛(あおかげ)」も麦焼酎部門で審査員賞を受賞している。

(テレビ宮崎)