長野県松本市で起きた犬の虐待事件の続報。元犬販売業者の社長が動物愛護法違反の「殺傷の罪」で追起訴された。

刑事告発した動物愛護団体の理事長である杉本彩さんは、「ペット業界のあり方を変える重要な裁判になる」と述べ、厳正な裁きを期待している。

量刑が重い「殺傷罪」で追起訴

2021年、松本市の施設で多数の犬を劣悪な環境で飼育し、452匹を虐待したとされる事件。8月9日に新たな動きがあった。

施設で飼育していた犬
施設で飼育していた犬
この記事の画像(6枚)

元犬販売業者社長の百瀬耕二被告(61)。これまでに動物愛護法違反の「虐待の罪」で起訴され、現在公判中だ。

長野地検松本支部は9日、百瀬容疑者をより重い「殺傷の罪」で追起訴した。起訴状によると、2021年8月、獣医師の免許を持っていないにもかかわらず、フレンチブルドック4匹とパグ1匹に麻酔をせず帝王切開を行い、腹に傷を負わせたなどとされている。

施設を家宅捜索(2021年9月)
施設を家宅捜索(2021年9月)

長野地検は被告の認否を明らかにしていない。

杉本彩さん「残虐極まりない行為で当然の処分」

この業者を刑事告発した公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」は2022年1月、地検松本支部に約5万人分の署名を提出し、「殺傷の罪」での起訴を求めていた。

動物環境・福祉協会Eva 杉本彩理事長(2022年1月):
人間の心や感情があったら、到底やれることではない。悪魔の所業としか思えない

(2022年1月)
(2022年1月)

追起訴の処分を受け、杉本理事長は「当然の処分」としている。

動物環境・福祉協会Eva 杉本彩理事長:
残虐極まりない行為。劣悪な環境下で多くの犬がネグレクト状態で放置されていたこと自体、考えられない非道な話。「殺傷罪」に問われて当然の事件だと思うので当然、あるべき形

(2022年8月10日 リモート取材)
(2022年8月10日 リモート取材)

軽い処分となるケース続く「氷山の一角、厳正な裁きを」

一方、杉本理事長は「2020年6月の法改正で罰則が強化されたにもかかわらず、軽い処分となるケースが続いている」として憤りを感じている。

動物環境・福祉協会Eva 杉本彩理事長:
厳正に裁かれる動物虐待の事件はものすごく少ない。たとえ裁かれたとしても、ものすごく軽い処分しかくだらない。いつも憤りを感じています

今後の裁判について、杉本理事長は「ペット業界のあり方」を変える重要なものになると指摘し、厳正な裁きを期待している。

動物環境・福祉協会Eva 杉本彩理事長:
(裁判について)多くの方々が注目していますから、国民もそうですし、ペット事業者側、業界全体もこの処分に対して、動物虐待というものをどう受け止めるかに大きく影響を受けると思う。この結果はすごく重要だと感じていて、今後のペット業界のあり方、それを変えることができるくらいの可能性を持った重要なものだと考えている

動物環境・福祉協会Eva 杉本彩理事長:
こういった事件は“氷山の一角”。これ以上、こういう残虐な行為、動物たちの悲劇が繰り返されないように、しっかり抑止になるように厳正に裁いていただくことを期待している

(長野放送)