田園風景が広がる京都府京丹後市。この街と共同プロジェクトを始めるのが、格安航空のピーチだ。空港のない街に飛行機が飛んでくる…といった話ではない。

返礼品は航空券と宿泊券のセット

ピーチ・アビエーション 森健明CEO:
京丹後市のように、空港から遠く離れた地域の地方創生にチャレンジをしてまいります

この記事の画像(11枚)

ピーチは7月28日に会見を開き、京丹後市などとタッグを組んで新たな「ふるさと納税の返礼」を打ち出すことを発表した。

返礼品は関西空港に到着するピーチの航空券と、京丹後市内での宿泊券がセットになったもので、8月中をめどに出品する。

しかしなぜ、ピーチはわざわざ空港のない街とタッグを組んだのか。その理由を知るために、取材班は京丹後市に向かった。

記者:
京丹後市の琴引浜にやってきました。関西屈指の海水浴場なんですが、水が透き通っていてとてもきれいです

自然豊かな京丹後市。夏場は美しい海岸が海水浴客でにぎわい、冬場は温泉と地域ブランドの「間人(たいざ)ガニ」を楽しむことができるなど、観光資源が豊富な街だ。

日本屈指の”長寿の街”にピーチも注目

しかし、約93%が近畿圏からの観光客で、東京からは片道6時間かかる「最も遠い地域」とも言われるなど、新たな観光需要をどう生み出すのか課題を抱えている。また、高齢化と過疎化といった地方ならではの課題もある。

記者:
しばらく市内を走っているのですが、人がまったく見当たりません…

その一方で京丹後市は日本屈指の”長寿の街”としても知られ、100歳以上の高齢者は126人と、人口の割合で全国平均の約3倍にも上る。

95歳の住民:
元気の秘訣は、きれいな空気を吸ってきれいな水を飲んで、好きなことができて働く、それだけですわ

78歳の住民:
わしは海眺めるのが元気の秘訣

Q. よく食べられるのは何ですか?

78歳の住民:
地元産のワカメ

京都府立医科大学の調査によると、100歳代でも60~70代の血管年齢を保っているそうで、地元産の海藻類や農産物といった食物繊維の豊富な食生活が長寿につながっているとしている。

そこに注目したのが航空会社のピーチだ。「長寿」をテーマとした旅行プランを打ち出したいピーチと、地元をPRしたい京丹後市のメリットが一致し、今回の異色のタッグにつながった。

ピーチ・アビエーション 森健明CEO:
時間がかかってでも行きたいと思えるような。このプロジェクトが成功すれば、日本中の空港から離れた地域の地方創生も可能になる

空港と地方を結ぶ新たな取り組み。地域経済の活性につながるかが、今後注目される。

(関西テレビ「報道ランナー」2022年7月28日放送)