AC長野パルセイロの名物サポーターの女性。年齢は93歳。「総監督」と呼ばれ、仲間から慕われている。夫を亡くしてぼうぜんとしていた時期にサッカーと出会い、以来、エールを送り続けている。

次男に連れ出されて…のめり込む「みんな頑張れ」

7月10日に行われたAC長野パルセイロのホームゲーム。スタンドはオレンジ色に染まった。
タオルを回して選手を鼓舞するサポーターの中に、長野市の林久美子さんの姿があった。年齢は93歳。

AC長野パルセイロの名物サポーター・林久美子さん(93)
AC長野パルセイロの名物サポーター・林久美子さん(93)
この記事の画像(12枚)

林久美子さん(93):
スポーツやってる人はすてきだなと、自然とのめり込んでいった。極端にこの人が好きというよりも、みんな好き。みんなかわいい、かわいいって感じで見てる

林さんはホームゲームに必ず駆け付ける名物サポーターで、ちょっとした有名人。
周囲からは…

サポーター:
総監督

サポーターとなって15年。応援は林さんの生活に彩りを添え、今や生きがいとなっている。

林久美子さん(93):
「みんな頑張れよ!」って感じでね

アウェーゲームは自宅でテレビ観戦。新型コロナが拡大する前はアウェーも足を運んでいたが、今は自宅からエールを送る。

三男・光彦さんと一緒に自宅でテレビ観戦
三男・光彦さんと一緒に自宅でテレビ観戦

7月2日、SC相模原戦。パルセイロが先制!

一緒に見守ったのは三男の光彦さん(63)。林さんがサポーターになったのは、光彦さんが試合に連れ出したのがきっかけだ。

三男・光彦さん(63):
父が他界した時に母が宙ぶらりんになって、10年間、介護をしたので。日々ぼーっとしている感じで、これはって

新聞配達の店を営んでいた夫の竹男さんは、25年前に脳内出血で倒れた。林さんはその後10年、介護を続け竹男さんをみとった。

介護生活が終わり、ぼうぜんとした様子の母を心配した光彦さん。2007年の「信州ダービー」に連れ出した。

三男・光彦さん(63):
自分が一番夢中になってるプロスポーツ観戦に、とにかく引っ張り出そう。最初はほんと、嫌々でしたね

林久美子さん(93):
足で球蹴るなんて、何が面白いんかなってはじめは思ってました(笑)

最初は乗り気でなかった林さんだったが、試合の度に勝利の喜び、敗戦の悔しさを味わい、気が付けば応援に夢中になっていた。

提供 家族
提供 家族

夫のサポーターからパルセイロのサポーターへ。生活に張り合いが戻った。

林久美子さん(93):
何か自分で応援してるものがあるって楽しい。自分で誇りに思うなんて大げさだけど、うれしい

この日の試合は、前半、2点を重ねたパルセイロが1点差を守りきって勝利を収めた。

林久美子さん(93):
よかった~。やったあ

パルセイロの勝利を喜ぶ
パルセイロの勝利を喜ぶ

スタジアムでエール…チーム関係者に慕われる存在

スタジアムに到着(7月10日)
スタジアムに到着(7月10日)

10日のFC今治戦は、3試合ぶりのホームゲーム。スタジアムに到着すると、林さんは多くのサポーターから声を掛けられていた。

サポーター:
「総監督」に任せれば、きょうは大丈夫

サポーター:
薩川監督(JFL当時の監督)がいた頃から、監督は薩川さんで、もう「総監督」だから、薩川さんも頭が上がらない

林さんを「総監督」と最初に呼んだのは、チームをJFL昇格に導いた当時の薩川監督。次第に選手の間でも知られるようになった。

OBの大橋良隆さん。選手時代から交流が続いている。

パルセイロOB・大橋良隆さん:
旧南長野の時からなので、選手時代からずっと。「パルセイロの母」じゃないですか。どんな時でもスタジアムに来て応援してくれて、後押しをしてくれるっていうのは。こういう方がいるのが、長野パルセイロの良さだと思うのでありがたい

提供写真
提供写真

林久美子さん(93):
うれしい、そんなこと言ってくれて

スタンド席でも多くのサポーターが林さんのもとへ…

林久美子さん(93):
人に会うのが楽しみで、この年になると次の試合まで元気でいられるかなとか。結構向こうも話しかけてくれるし、いいおばあさんを相手にしてくれて楽しいな

試合が始まった。
以前はゴール裏で立ちっぱなしで応援していたが、今はバックスタンドから見守る。
前半42分、今治のコーナーキック。今シーズン、パルセイロは先制を許す展開が続いている。

林久美子さん(93):
なかなかこっちに(先制点)入らない…

ハーフタイム。

サポーター:
頑張りましょう

林久美子さん(93):
うん、そうだね。はい、ありがとう

後半19分、パルセイロのコーナーキック。
ディフェンダーの池ケ谷選手がこぼれ球を頭で押し込み同点!
沸き立つパルセイロサポーター。

「追加点を」と声援を送ったが…試合は引き分けに終わった。

試合後…
試合後…

林久美子さん(93):
まあまあ、勝ちたかったけど、引き分けただけよかった。
(Q.パルセイロには今後どうなってほしい?)
欲を言えば、上(J2)に上がってほしいですね。
(Q.林さんにとってパルセイロは?)
私の生きがいかね

三男・光彦さん(63):
歩ける限り、あるいはホーム戦でもう歩けなくなっても、車いすに乗っけてでも、パルセイロの行く末を見守ってもらいたいな

林久美子さん(93):
車いすはちょっと(笑)。足が動くうちは何とか頑張っていきたい

三男・光彦さんと久美子さん
三男・光彦さんと久美子さん

三男・光彦さん(63):
いつまでも元気でね

林久美子さん(93):
はい、ありがとう

現在、パルセイロはリーグ9位。林さんは昇格を願って、これからも熱いエールを送っていく。

(長野放送)