トラブルが多発している繁華街での客引きについて、大阪府は7月1日から規制を強化した。
なぜ悪質な客引きが横行しているのか、夜の街を取材した。

夜の街での客引きの実態は…

6月24日、大阪の観光名所ミナミの戎橋。
店の名前が書かれたプレートを首から下げ、さまざまなコスプレをした客引きたちが、ずらりと並んでいる。

この記事の画像(9枚)

夜、記者が通りを歩いてみると…

客引き:
ガールズバーどうですか?
(Q.ガールズバーとかの案内所ってことですか)
そこら辺の案内所にある店はだいたい持ってますよ
(Q.ガールズバーの客引きは駄目になると聞きましたけど)
7月からですよね
(Q.7月からどうするんですか)
ほそぼそと消えていく。何とかなるっす

客引きが次々と声をかけてきた。
このような状況に、街の人は…

街の人:
生きる糧とは言え、ちょっとひどすぎるんじゃないかなと。商売だし、食っていかないといけない気持ちは分かるけど邪魔。友達と歩いていても割って入ってこられるから

地元の商店街から苦情が相次いでいることなどから、大阪府は府の迷惑防止条例を改正し、7月1日から客引きに対する規制を強化する。

今までも、キャバクラやホストクラブなど、接待を伴う飲食店による客引きは禁止されていた。
しかし、さまざまな業態の店が増え、現行の条例では取り締まることができなくなっていたのだ。
7月1日からは酒類を提供している店のうち、「ガールズバーなど異性に対して好奇心をそそるような方法で接客する店」についても客引きを禁止する。

なぜ店は客引きをするのか

以前、客引きをしていたという女性は…

客引きをしていた女性:
ここでちょうどやってた。「とりあえず客を捕まえてきて」って言われて。売り上げを上げるために、それ(捕まえた客数)が給料になるみたいな。歩合制

女性店員がコスプレをして接客を行う店のオーナーは、「客引きが店の売り上げに直結する」と話す。

コスプレで接客する店のオーナー:
無理な客引きをしているわけではなくて、ビラをもって外に立っていて、話しかけられたら会話する程度しかしていないので。それくらいは許してほしいなと思います

同じ日、ミナミでは、警察や大阪市の指導員による条例改正の周知活動も行われていた。

警察官:
厳しくなっているから気をつけて

規制の強化 「ガールズバー」も対象に

周知活動の際に、警察に声をかけられた男性は…

(Q.条例改正あるの知ってた?)
客引きをしていた男性:

知ってました
(Q:対策は?)
客引きをしていた男性:

してないです、僕ら関係ないんで。僕らは居酒屋(の客引き)
(Q.ガールズバーとかしてない?)
客引きをしていた男性:

やってないです、怖いんで

数日後、同じ場所を記者が歩くと、再びこの男性と遭遇したが…

客引きをしていた男性:
案内所とか、お姉ちゃん系大丈夫ですか?
(Q.やってるんですか)
やってるんですよ!

警察は、ガールズバーから「ダイニングバー」などに名称を変えて営業する店が増えるのではないかと警戒。
実態を見極めて、取り締まりをしていく方針だ。

(関西テレビ「報道ランナー」2022年6月30日放送)