防衛省は17日、ロシア軍の艦艇9隻が、宗谷海峡を日本海に向けて通過したと発表した。ロシア軍は、別の7隻が太平洋を南下し、伊豆諸島の周辺海域を航行していて、自衛隊が両艦艇の警戒監視を続けている。

防衛省によると、17日午前6時頃、北海道の宗谷岬の北、約40kmのオホーツク海で、ロシア海軍のフリゲートやミサイル護衛哨戒艇など計9隻を、海上自衛隊が確認した。

ロシア艦艇は西に向け航行し、その後、宗谷海峡を日本海へと通過した。

海上自衛隊は、哨戒機やミサイル艇で情報集・警戒監視を行った。

ロシア海軍をめぐっては、北海道沖から太平洋を南下していた艦艇7隻が、16日~17日に、伊豆諸島の須美寿島と鳥島との間を通過していて、海上自衛隊が警戒監視などを続けている。

(画像はロシア海軍グリシャⅤ級小型フリゲート、統合幕僚監部提供)

記事 1172 政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。