環境省は25日、東京港青海ふ頭で行っている調査で強い毒を持つヒアリと疑わしいアリ約500匹がコンテナと地面の間で出入りしていることを見つけ、専門家がヒアリと確認したと30日発表した。

見つかったヒアリはいずれも「働きアリ」で、人的被害は確認されてない。ヒアリは春ごろから活動が活発になるとされ、国内での確認はことし初めて。

環境省は、殺虫剤入りの餌を置くなどして駆除を進めるとともに、事業者に対してヒアリと疑われるアリを見つけた時は、関係機関に速やかに連絡するよう呼びかけている。

ヒアリは2017年の国内初確認以降、今回を含めて18都道府県で計85件確認されている。

記事 605 経済部

「経済部」は、「日本や世界の経済」を、多角的にウォッチする部。「生活者の目線」を忘れずに、政府の経済政策や企業の活動、株価や為替の動きなどを継続的に定点観測し、時に深堀りすることで、日本社会の「今」を「経済の視点」から浮き彫りにしていく役割を担っている。
世界的な課題となっている温室効果ガス削減をはじめ、AIや自動運転などをめぐる最先端テクノロジーの取材も続け、技術革新のうねりをカバー。
生産・販売・消費の現場で、タイムリーな話題を掘り下げて取材し、映像化に知恵を絞り、わかりやすく伝えていくのが経済部の目標。

財務省や総務省、経産省などの省庁や日銀・東京証券取引所のほか、金融機関、自動車をはじめとした製造業、流通・情報通信・外食など幅広い経済分野を取材している。