アメリカザリガニの販売などが禁止される。

生態系への影響が深刻な外来種の規制を強化する改正外来生物法が、11日の参議院本会議で採決が行われ、可決・成立した。

改正法ではアメリカザリガニと、ミドリガメと呼ばれるアカミミガメについて、販売、輸入、自然に放つことなどを禁止する。

一方、政令で定めれば、個人の販売目的でない飼育や個人間の無償の譲渡は認める。

さらに、強い毒を持ち国内への定着が懸念されるヒアリなど、緊急の対処が必要な外来種が輸入品に付着しているおそれがある場合、対象の物品や車両等の移動禁止、通関後でも検査や消毒、廃棄命令を可能にするなど、より強い規制をかけられる措置も盛り込まれた 。

経済部
経済部
記事 376