理化学研究所などの研究チームは新型コロナウイルスの陽性判定を9分以内でできる全自動装置を開発したと発表しました。

理化学研究所の渡辺力也主任研究員らの研究チームが開発した全自動装置は新型コロナウイルスの陽性判定や変異株の検出を9分以内で行うことができるということです。

理研・渡辺力也研究員は、きのうの記者会見で、「抗原検査より1万倍感度が高くPCRと同等かそれ以上。新しい変異株ができてもすぐに対応し、検出できる」と話していました。

この装置には研究チームが去年開発した新たな検出方法「SATORI法」が使われていて、PCR検査に比べ大幅に時間が短縮されます。また、1回の検査にかかる費用は200円程度でコストダウンに成功したということです。

研究チームは早ければ今年度内の実用化を目指していて将来、癌などの基礎疾患の判定などにも応用できるようにしたいとしています。

この記事の画像(3枚)
(2コロナ検査が「9分」「200円」で可能に。開発された全自動装置が公開された(6日)
社会部
社会部


天皇ご一家、秋篠宮ご一家、上皇ご夫妻など、皇族方の活動を伝える宮内庁担当記者。首都東京で起きた事件・事故・社会問題を、スピーディーに伝える警視庁クラブ。地裁、高裁、最高裁から、東京地検特捜部、日本弁護士会、司法、法曹界に関する問題、証券取引等監視委員会、公正取引委員会、東京国税局、国税庁などを幅広くフォローしている司法クラブ。厚生労働省クラブにおいては、医療、年金、児童虐待なども担当、新型コロナウイルス取材の最前線に立っています。国土交通省クラブにおいては、運輸行政、鉄道会社の動向、地価など国土に関するニュースも専門とする他、海上保安庁、訪日外国人対策にも目を開かせています。文部科学省クラブは、小中高大の教育の他に、各入試制度、大学入学共通テスト、子どもの体力から健康面だけではなく、文学一般、JAXAをはじめとした宇宙問題、理化学研究所などの化学分野、ノーベル賞、世界遺産も担当します。都庁クラブは、首都東京に関する事柄を担当。都知事選、都議選もフォローします。その他、神奈川県警、神奈川県庁、横浜市役所、埼玉県警、埼玉県庁、さいたま市役所、千葉県警、千葉県庁、千葉市役所、茨城県警、茨城県庁、栃木県警、栃木県庁、群馬県警、群馬県庁、山梨県警、山梨県庁、青森県警、青森県庁等を、各支局で取材対応しております。

記事 800