タレントのはるな愛さんは11日、自民党本部で行われた「学校現場のいじめ撲滅プロジェクトチーム」に招かれ、「今も生きるのが嫌な子ども達もいるけど、絶対に生きて欲しい」と訴えた。

はるな愛さんは会合後、記者団の取材に応じ、会合の中で「なんで毎日こんなに辛いんだろうと思った。何度も人生を終わろうと思ったけど、家族が悲しむと思って、何度も留まった」と自身のいじめられた経験について語ったことを明らかにした。

その上で、はるな愛さんは「私の経験よりも、もっと過酷な方もたくさんいる。今も生きるのが嫌な子ども達もいるけど、絶対に生きて欲しいし、命を絶って欲しくない。『多様な世界』とか言葉だけが先に進んでいるが、本気で地域から、家庭から変わってもらいたい。絶対に自分の居場所があるから、諦めないで欲しい」と訴えた。

政治部
政治部

フジテレビ報道局政治部

記事 1005