自民党の安倍晋三元首相と森山総務会長代行らによる、麻の活用に関する勉強会が27日、国会内で初めて行われた。

勉強会では、「大麻の乱用防止のための規制等については引き続き着実に行われるべき」とした上で、麻の生産者が減っている状況などを踏まえ、農業振興や生産者支援、さらには、麻を使った日本の伝統・文化の保護について、今後議論される見通し。麻は神事などにも使われているほか、下駄や草履の鼻緒などにも使用されている。

勉強会の最高顧問には、党内最大派閥の安倍派を率いる安倍元首相、会長には森山派を率いる森山総務会長代行が就任した。安倍氏は「耕作者が未来を描けるように、農業振興の観点、あるいは産業振興の観点からも、我々政治の場で、しっかりと考えていく必要がある」と強調した。

政治部
政治部

フジテレビ報道局政治部

記事 1000