速報です。ウクライナのゼレンスキー大統領と会談したアメリカのブリンケン国務長官らが会見をし、ロシアは戦争で失敗していると話しました。

米ブリンケン国務長官、オースティン国防長官とゼレンスキー氏が会談(24日)
米ブリンケン国務長官、オースティン国防長官とゼレンスキー氏が会談(24日)
この記事の画像(4枚)

アメリカのブリンケン国務長官とオースティン国防長官は24日、ウクライナの首都・キーウで会談し、ゼレンスキー大統領はアメリカ側の支援に感謝するとともに優先事項は武器だと改めて要望しました。

その後、ポーランドで会見したブリンケン氏は「今回の戦争でロシアは失敗していて、ウクライナは成功している」と話し、今後もウクライナに軍事的支援などを続けていくと話しました。

一方、オースティン国防長官は東部で戦う新たな局面に入ったとしてウクライナには長距離砲が必要で、政府からは戦車を求められていると明らかにしました。

また両者は首都・キーウへは、列車で向かったと明らかにしたうえで、キーウにいる市民の生活は正常に戻りつつあるとしています。そのうえで来週からアメリカの外交官をウクライナに戻す予定としていて、キーウにある大使館は2週間ほどで再開できるとの認識を示しました。