2022年2月、89歳で亡くなった、作家で元東京都知事の石原慎太郎さんの海への散骨式が、ゆかりのある神奈川・葉山町沖で行われた。

この記事の画像(5枚)

石原さんは生前から海への散骨を望んでいて、散骨式は弟の裕次郎さんを記念して建てられた通称「裕次郎灯台」の近くで行われた。

石原さんの4人の息子や、名誉会長を務めていた地元のヨットクラブのメンバーが海上で散骨し、花を手向けた。

伸晃氏:
頼まれたことを皆さん方の善意でやってもらえて良い会だったと思います。本人も満足してるんじゃないですか。

良純氏:
一緒に見送ってくれた海の友達がいて、そういう意味では本当におやじにとって良い場所だったんだろうなと。そこに骨の一部を撒かせていただいて、それが父の望みでもあったし、よかったと思います。

お別れの会は、新型コロナの感染状況が落ち着いてから行われる。

社会部
社会部


天皇ご一家、秋篠宮ご一家、上皇ご夫妻など、皇族方の活動を伝える宮内庁担当記者。首都東京で起きた事件・事故・社会問題を、スピーディーに伝える警視庁クラブ。地裁、高裁、最高裁から、東京地検特捜部、日本弁護士会、司法、法曹界に関する問題、証券取引等監視委員会、公正取引委員会、東京国税局、国税庁などを幅広くフォローしている司法クラブ。厚生労働省クラブにおいては、医療、年金、児童虐待なども担当、新型コロナウイルス取材の最前線に立っています。国土交通省クラブにおいては、運輸行政、鉄道会社の動向、地価など国土に関するニュースも専門とする他、海上保安庁、訪日外国人対策にも目を開かせています。文部科学省クラブは、小中高大の教育の他に、各入試制度、大学入学共通テスト、子どもの体力から健康面だけではなく、文学一般、JAXAをはじめとした宇宙問題、理化学研究所などの化学分野、ノーベル賞、世界遺産も担当します。都庁クラブは、首都東京に関する事柄を担当。都知事選、都議選もフォローします。その他、神奈川県警、神奈川県庁、横浜市役所、埼玉県警、埼玉県庁、さいたま市役所、千葉県警、千葉県庁、千葉市役所、茨城県警、茨城県庁、栃木県警、栃木県庁、群馬県警、群馬県庁、山梨県警、山梨県庁、青森県警、青森県庁等を、各支局で取材対応しております。

記事 802