この記事の画像(18枚)

楽しい思い出も、つらい記憶も共有してきた、家族同然の存在。「一生離れたくない」と望んでいても、それが叶わなくなることもある…。
そんな、飼い主に先立たれるなどして“行き場を失ったネコ”と“新たな家族”との橋渡しを続ける女性がいる。

行き場を失った老ネコたち 新たな飼い主との橋渡しに奮闘する女性

鈴木優子さん(53)

愛知県瀬戸市にある「ネコノイエ」。ペットシッター「にゃんコール」の代表・鈴木優子さん(53)は、活動拠点となるこの家で、14匹のネコと暮らしている。家の裏には、ネコのコンテナハウスがある。

鈴木優子さん:
行き場がなくなって、新しい飼い主さんを見つけるための家。みんな老ネコです。この子が10歳で一番若くて、あとは18歳とか15歳…

ここで暮らすネコは、飼い主が亡くなったり高齢者施設に入ったりするなど、やむを得ない事情で一人ぼっちになったところを、鈴木さんに引き取られた。

鈴木さんの元には、この日もまた新たな猫がやってきた。道路にいたところを保護されたキジトラだ。

ネコを保護した男性(74):
道路の端、車どんどん通るからヤバイなと。車を止めて降りたら、すぐ寄ってきちゃったもんで…
男性の妻:
だけど困ったなと…。年齢的に最後まで飼うことが(できない)。好きだから飼ってあげたいけど、90歳まで生きる自信は…

鈴木さんの役目は、こうしたネコを新たな飼い主の元へと橋渡しすることだ。

きっかけは約20年前 病気で飼えなくなった女性から託され…

鈴木さんがネコの事をきちんと考えるようになったきっかけは、20年ほど前のある出会いだった。

鈴木優子さん:
元はイヌ派でした。友達のところで(ネコが)わさわさ生まれちゃって、「どの子でもいいからもらって」と言われて、あまりのかわいさに1匹引き取って…

それからすっかりネコの虜となった鈴木さんは、ペットに関する様々な資格を取り、8年前に歯科助手を辞めてペットシッターになった。飼い主が留守中の家に出向き代わりに世話をする仕事だ。

そんな中、一人で暮らしていた常連の女性から、こんな相談が寄せられた。

鈴木優子さん:
突然「自分が末期(がん)だといわれた」と。「ネコが6匹いて、飼い主になってくれる人を一緒に探してくれないか」と…

この子たちを幸せにしたいと始めたのが、新たな飼い主にネコを橋渡しする「仮暮らしハウスプロジェクト」だ。クラウドファンディングなどで集めた資金を元に、2021年6月に、一時預かり施設のコンテナハウスが完成した。

鈴木優子さん:
ここが拠点になって、(ネコを飼いたい人に)自由に触れてもらって、何匹かいればその子と自分の相性で「じゃあこの子」と選んでもらえたらいいなと

この活動をボランティアで始めて約1年が経った。残された時間を考え飼うことを諦めた人、飼い主が亡くなったり入院したりで一人ぼっちになったネコ…。その間に立ち、16匹を新たな家族の元へと送り出した。

鈴木優子さん:
子ネコだと、自分たちの方が先立つと考えると(飼うのは)難しいけど、大人のネコなら同じ歩みで過ごせるかもしれない。無理と思う前に声をかけていただけたら、寄り添っていけるようにしたい

“大人ネコ”を高齢者に…ネコと人が最後まで寄り添い合える社会を

鈴木さんに新たな依頼があった。オスネコのトンコ(6)は、一緒に暮らしていた97歳のお婆さんが病気で亡くなり、一人ぼっちになった。お婆さんの息子夫婦が暮らしているのは、ペットを飼うことができないマンションのため、鈴木さんを頼った。

トンコの新たな家族は、すでに決まっていた。2018年に50年連れ添った夫を亡くし、一人で暮らしている名古屋市守山区の安藤清子さん(76)だ。

安藤清子さん(76)

安藤清子さん:
飼いたくてしょうがなかったけど、私の方が先に弱っちゃったらと思って…

そんなときに、鈴木さんの活動を知った。

安藤清子さん:
年を取ったからもう(ネコは)飼えないと覚悟していたから…。鈴木さんと出会って。年取ったネコが来るということで、すごくドキドキワクワク。どんなネコちゃんが来るかわからないけれど…

ついにその日が…

鈴木優子さん:
ほとんどの方が、寂しいから飼いたいと思う。飼い主の気持ちに寄り添ってくれるとか、相棒になるとか、そういう面で断然“大人ネコ”の方が心得ている

トンコが新しい家族の元へやってきた。

安藤清子さん:
かわいい顔してるねぇ。ぎゅっとしたかったの。この感触がすごく嬉しい、私も幸せ。いくつになってもネコと一緒。きょうからここだからね。

鈴木優子さん:
行き場を失くしたネコが、新しい家族をみつけて幸せになって。迎えた人も寂しさがなくなって、旅立つ人も安心してそのことに関して心を病むことなく、みんながよかったねと

「シニアtoシニア(“大人ネコ”を高齢者へ)に力を入れたい」と話す鈴木さんは、ネコと人が最後まで寄り添える社会の実現のために、活動を続けている。

(東海テレビ)