子供たちは大はしゃぎ…雪のプレゼントは10年以上続く防災協定の絆

この記事の画像(6枚)

国内有数の豪雪地帯、新潟・妙高市から2月18日、愛知・豊山町に大量の雪が届けられ、子供たちが雪遊びを楽しんだ。

新潟・妙高市は北名古屋市と防災協定を結ぶなど関係が深く、北名古屋市と隣接する豊山町に2011年から子供たちのために雪をプレゼントしている。

18日の午前6時半ごろ、10トントラック5台分の大量の雪が豊山町の名古屋空港近くにある神明公園に届けられ、町内の建設会社や北名古屋市の建設業協会が協力し、2つの雪の滑り台を作った。

雪は約5時間かけて、妙高市から豊山町へ。

雪はトラックの荷台から勢いよくおろされると、ユンボやスコップを使って2時間半かけて2つのすべり台を仕上げていった。

午後1時半からは町内にある3つの保育園の園児80人が集まり、晴れ空の元、雪の滑り台を楽しんだ。

(東海テレビ)