ロシアがウクライナに侵攻したことを受け安倍元首相は24日、「まさに戦後私たちが作ってきた国際秩序に対する深刻な挑戦であり、断じて許すわけにはいかない」と批判した。

安倍元首相は「民主主義国家であるウクライナに侵攻し、例えばキエフまで行き民主的に選ばれた大統領を逮捕し、新たな政権を作ることになれば、基本的価値を共有する日本としてもG7としても決して許してはいけない」とロシアの対応を牽制した。

また、国連安全保障理事会におけるロシアへの決議について、「日本も提案者となり国際社会と足並みを揃えていくことが求められる」と指摘。その上で、ロシアに対し「事態を収拾するためしっかり話し合い、ただちに兵を退いていただきたい」と訴えた。

この記事の画像(2枚)
政治部
政治部

フジテレビ報道局政治部

記事 982