小銭の両替有料化が銀行で進む中、ちょっとお得な街の両替機が注目されている。

一方で、有料化によるトラブルも起きている。こちらは2022年1月16日、福岡市内の郵便局のATMで撮影された画像。使用中止となり「復旧時刻未明」などの貼り紙がされている。

この記事の画像(14枚)

実は、この翌日(1月17日)から、ゆうちょ銀行でも大手都市銀行と同じく、硬貨の預け入れで手数料を取ることになったため、駆け込みで利用者が殺到したものとみられている。

ゆうちょ銀行の硬貨の手数料は51枚~100枚が550円。101枚~500枚が825円。501枚~1000枚が1100円。(※50枚までは無料)。

手数料は「9.9%」街の両替機のお得な利用方法

そんな中、お得にしかも手軽に両替できると話題なのが、ショッピングモールの一角などに設置された両替機「コインスター」。

小銭を両替するのに、銀行やゆうちょでは金額に関係なく枚数に応じて手数料がかかるが、コインスターでは枚数ではなく総額の9.9%が手数料となっている。

9.9%とは、どれくらいお得なのか?小銭が詰まった大きな透明容器2つを持って訪れた女性を取材した。

コインスター利用者(40代):
主人のポケットから出てくる小銭をそのまま入れてて、たまってた感じのものです

夫のポケット貯金は10年分にのぼり、硬貨2038枚で総額3850円。9.9%の手数料は382円となり、手元には3468円が残った。

もし、ゆうちょ窓口でこの2038枚を一度に預けた場合の手数料は2750円。手元には1100円しか残らない計算で、その差は2300円以上。枚数が多いと大きな差が生まれる。

コインスター利用者(40代):
(ゆうちょは)今まで無料だったから両替するのには良かったんですけど、(17日から)替えるだけでお金がすごい倍以上かかっちゃって。あんまり意味がなかったので、ここを使った方が得だったので

コインスター日本総代理店 宇佐美航さん:
主な金融機関での硬貨の取り扱いに手数料がかかるようになってまいりまして、それに伴って(利用者が)増えてきているという部分は確かにございます

こうした小銭をめぐっては、出前業界である悩みごとも起きている。

ウーバーイーツ配達員:
小銭での支払いが多くなっています。困りますね…

半分ほどの注文が小銭中心に支払われるというのは、愛媛県でウーバーイーツの配達員をする男性。積もり積もった小銭の山は仕分けにも一苦労だという。

ある日、1800円の商品受け渡しではこんなことも…

ウーバーイーツ配達員:
(1800円支払いで)小銭100枚は超えてます。1回です。忙しい時で時間的には数えられなかったので“ちょうどであろう”と信じて持って帰りました

セルフレジへの硬貨大量投入で故障も

小銭の手数料問題をめぐり、私たちの暮らしの思いがけない場所で影響が起き始めている。

石本沙織アナウンサー:
スーパーやコンビニなどのセルフレジに、財布にたまった小銭を大量投入するケースが増えていて、実際にネット上でも「セルフレジなら気兼ねなく小銭投入できる」ですとか「セルフレジでまず小銭入れてから減らしています」などの声がありました

石本沙織アナウンサー:
ですが、スーパーとしては少し困っていることがあるんです。大量投入で故障するケースが増えているんです。原因の一つは異物を投入してしまう。ポイントシール縁起物の小物とかを一緒に入れてしまう。後は財布をひっくり返すことで中にたまっていたも入ってしまうということで、故障してしまう。あとは単純に容量オーバーで故障してしまうというケースが相次いでいるんです

加藤綾子キャスター:
小銭以外のものも入ってしまうからということ。そこは気をつけないといけないですよね

石本沙織アナウンサー:
容量もやっぱり大事でして、お店によっては小銭は20枚まで30枚までといった張り紙を貼るところもあるんですけれども、実は法律でも「硬貨1種類につき20枚まで」と決まっているんですね。例えば、1円玉20枚などで支払う場合、お店側は実は受け取りを拒否することができるといった法律もあるんです。スーパーとしては小銭の支払いは歓迎なんですが、節度をもって支払ってほしいということでした

小銭の肩身が狭い時代になった

加藤綾子キャスター:
一気に使いすぎずっていうことですよね。柳澤さんはどうですか?

ジャーナリスト 柳澤秀夫氏:
誰しも小銭を替えたら手数料を取られるとなったら、こういうふうに走ると思います。もう少し想像力を働かせていれば回避できたかもしれませんけれども、いずれにしても小銭がね、こうやってなんとなく邪魔者扱いにされてる時代というのは、ブタさんの貯金箱もそのうち消えてくのかなと思うと寂しいですよね。利用する側の利便性ももう少し考えた上で。銀行も今大変かもしれませんけど、もう少し利用者がどうなのかなってことを考えた上で、こういう問題は向き合ってほしいなと思いますね

加藤綾子キャスター:
小銭の肩身が狭いという

石本沙織アナウンサー:
本当ですよね。貯めれば貯めるほど損をしてしまうという時代になってしまいますけれども、皆さんやはり小まめに使うことが大事ですね

(「イット!」2月3日放送より)

イット!
イット!
メディア
記事 1731