2022年1月に南太平洋のトンガ沖で起きた海底火山の噴火では、日本でも津波が観測された。なぜ8000kmも離れた日本に津波が押し寄せたのか、また日本近海で海底火山の噴火の恐れはないのか、火山学の専門家に聞いた。

トンガ沖噴火は「マグマ水蒸気噴火」

日本時間の2022年1月15日午後1時頃、南太平洋のトンガ諸島付近で海底火山の大規模な噴火が発生した。

トンガ沖海底火山の噴火(提供:気象庁)
トンガ沖海底火山の噴火(提供:気象庁)
この記事の画像(12枚)

噴煙が達した高度は約1万6000mだ。

噴火には3つの形態があり、専門家は「マグマ水蒸気噴火」の可能性を指摘する。
マグマ水蒸気噴火は、上昇したマグマが地下水に触れて爆発を起こし、マグマを含んだ火山灰が噴出される現象だ。

小山教授:トンガ沖噴火はマグマ水蒸気噴火
小山教授:トンガ沖噴火はマグマ水蒸気噴火

トンガ沖の噴火をマグマ水蒸気噴火と判断する理由は、周辺に軽石が見られず、降り積もった火山灰の量が少ないためだという。

静岡大学・小山真人教授(火山学):
火山灰が細かい。細かい理由は水とマグマが触れ合ったから細かいんですね。マグマ水蒸気爆発の非常に巨大なものが起きたとしか考えられない状況です

噴火に伴い、発生したのが津波だ。トンガ政府は、最大15mの津波が押し寄せたと発表した。

津波が日本に到達した2つの原因

津波は8000km離れた日本にも到達し、各地で住民が避難した。川が逆流する様子が撮影され、高知県や徳島県で船が転覆する被害も出た。

日本でも船が転覆する被害
日本でも船が転覆する被害

日本に到達した津波について、複数の専門家が「空振」を要因にあげている。空振による海面変動は気象庁が予測できなかったもので、衝撃波が海面を押し付けて起こる。

空振で海面が変動するメカニズム
空振で海面が変動するメカニズム

小山教授は、空振以外にもう1つ、噴火に伴う陥没や海底での地すべりなどによる津波が、15日夜遅くから16日未明にかけて日本に到達した可能性があると指摘する。

静岡大・小山教授:
少なくとも2つ原因が重なっているように見えます。(気象庁は)地震を前提とした津波の観測網は充実したレベルにあると思うが、火山は津波を起こす原因が多様なので、全てに対応していたかというとそうではない。そのため警報の遅れが生じたと思います

小山教授:(気象庁は津波原因の)全てには対応していない
小山教授:(気象庁は津波原因の)全てには対応していない

気象庁・長谷川直之長官:
皆さんの暮らしや命を守る立場からすれば、(警報・注意報の遅れは)残念なことと受けとめている。我々がわかっていない現象による変動が現れた時にどうするか、しっかり検討していきたい

長谷川長官:(警報等の)遅れは残念
長谷川長官:(警報等の)遅れは残念

海底火山の噴火で津波 心配な場所は日本にも

火山は陸上でも海底でも、噴火のたびに形状を大きく変える。山が崩れて海に流れ込んだ場合や、水深の浅い海底で噴火が起きた時、津波を引き起こす可能性がある。

静岡県内で、その危険があるのは伊豆東部火山群だ。

小山教授が噴火津波を指摘する伊豆東部火山群
小山教授が噴火津波を指摘する伊豆東部火山群

静岡大・小山教授:
例えば、静岡県だと1989年の伊東沖の海底噴火。この海底噴火がもっと激しいものになってくれば当然津波の危険がありましたし、噴火当初も津波の危険が叫ばれて、海岸から避難させていたわけですけれど、そういったこと(海底噴火による津波)を本格的に考える時期にきたと思います

伊東沖の海底火山の噴火(1989年)
伊東沖の海底火山の噴火(1989年)

伊豆東部火山群については噴火の影響の検証が行われ、避難計画も作られている。想定される火口や噴石、火山灰などの危険は記されているが、津波に関することは見当たらない。議論が先送りされてきたという。

伊東市の避難計画に津波の想定はない
伊東市の避難計画に津波の想定はない

静岡大・小山教授:
(1989年伊東沖の)手石海丘程度の噴火なら、それほど大きな津波は想定してなくてもいいですが、噴火が引き続いて海底に大きな山をつくるとか、伊東沖に火山島が現れてくると、それが噴火に伴い崩壊したり、海底地すべりを起こしたりする可能性が出てきます。
そうなると、もっと大きな津波、数m以上や10mを超えるものを考えなければいけなくなると思う。規模の大きな噴火がある期間続いた場合の被害想定も考えるべきだと思います

小山教授:(伊東沖噴火で)10m超の津波の想定も必要
小山教授:(伊東沖噴火で)10m超の津波の想定も必要

気象庁は今回の経験を踏まえ、専門家と今後の対応を検討する方針だ。
南太平洋の島々と同様に多くの火山に囲まれた日本。私たちも、海での噴火には津波の危険があることを知っておくことが重要だ。

鹿児島・口永良部島の噴火
鹿児島・口永良部島の噴火

(テレビ静岡)