家庭用油がさらに値上げする。

昭和産業は、3月1日納品分からキャノーラ油やサラダ油など、9品目を1キロあたり40円以上値上げすると発表した。大豆や菜種などの原料価格の上昇が続いていることなどから2021年、4回にわたり、合わせて1キロあたり140円以上の値上げを行った。

しかし、その後も生産地の天候不順などで原料の相場が上昇しているため、さらに値上げせざるを得なかったという。家庭用油をめぐっては、J-オイルミルズも、2月から1キロあたり40円以上の値上げを発表している。

経済部
経済部


フジテレビ報道局経済部 財務省や総務省、経産省などの省庁や日銀・東京証券取引所のほか、金融機関、自動車をはじめとした製造業、流通・情報通信・外食などを担当している。

記事 472