身の回りのものを隠したり、すり替えたり……思わずプッと笑ってしまうような“いたずら”をされたことはあるだろうか?

「探していたものが意外な場所から出てきた!」という投稿が、Twitterユーザーを和ませている。

私のデッサン人形ないなぁ…となったときの旦那の悪戯
「うわっまぶしい!」じゃねぇんよ

この写真を投稿したのは、Twitterに自作のイラストなどを投稿している、千景(@chikagetover)さん。炊飯器の中にあったのは、ほかほかの白米ではなく、人を描く際にポーズをとらせて参考にするための、デッサン人形だ。

「うわっまぶしい!」の声が聞こえてきそう
「うわっまぶしい!」の声が聞こえてきそう
この記事の画像(4枚)

炊飯器の中で寝ていたところを、急に蓋を開けられてびっくりしているかのようなポーズの人形。顔には目や口がないにもかかわらず、なぜか迷惑そうな表情を浮かべているように見えてくる。

「ご飯炊こ〜って開けたらこれでした」とも投稿していた千景さん。写真には「思わず声出して笑いました」「旦那さんの悪戯かわいいですね」とのコメントがよせられていた。

夫に私物の人形を炊飯器に入れられた千景さん本人も、怒っているわけではなく「おもしろすぎて膝から崩れ落ちました」と笑っていたそうで、夫婦の微笑ましい一幕には11万件を超える「いいね」がついた(1月25日現在)。

妻は「あっぱれ!」夫は「よか」

しかしこのいたずら、どことなく手慣れたにおいを感じる。もしかしたら、普段からこんなやりとりが行われているのだろうか。千景さんにお話を聞いてみた。


――改めて、この“いたずら”を見つけたときの感想を教えて。

「あっぱれ!」です。夫はいたずらの天才だと思いました。人形を隠すいたずらは、今回の炊飯器で3回目でしたが、そのつどレベルが上がっていて、いたずらをしながらいたずら力も成長しているんだなぁと感心しきりでした。

1回目はキッチンの蛍光灯の紐に片手でぶら下がっており、2回目は洗面台に置いている化粧水ボトルの裏に隠れてこちらを覗いていました。怖かったです。炊飯器以外は悲鳴をあげて驚きました。


――旦那さんはどんな人?

30代前半で、ゲームと映画が大好きな優しい人です。気心の知れた友達や私には冗談も沢山言いますが、基本的にはすごく人見知りです。誰かと会話をする場面ではずっと聞き役に回っていて言葉も少ないので、外ではややツンとした雰囲気かもしれません。顔も少し冷たそうな印象なので、怖いと言われることも多いようです。


――3度目のいたずらを見つけたときの状況は?

晩ご飯を作ろうと思って炊飯器を開けたらやにわに人形の彼が現れたので、まったく予想だにしていなかったタイミングと、人形のあまりの状態のおもしろさに膝から崩れ落ちて笑ってしまい、しばらく私の笑い声だけが部屋の中に響いていました。

夫は仕事でいなかったので、落ち着いた後に、ツイートに書いた「うわっまぶしい!じゃねぇんよ」のツッコミとあの写真をLINEで送信しました。「よか」と一言だけの返信でしたが、いたずらが成功して職場でにやにやと喜んでいたと思います。デッサン人形は、あまりにポーズが巧みで可愛かったので、そのポーズのまま作業机にそっと飾っておきました。


――では、帰ってきた旦那さんとはどんな会話をした?

実は、人形は2日前に炊飯器に隠されていたんです。その間、炊飯器を使わなかったので気づきませんでした。丸2日炊飯器の中でじっとあのポーズのまま隠れてくれていました。もし私がいたずらを仕掛けた立場だったらしびれを切らしてばらしていたか、相手が見つけるかどうかそわそわしちゃうと思うので、「よく2日間も黙ってたなぁ」と感心したら「バレるまで待つ時間を楽しむのがいたずらの醍醐味」と言っていました。忍耐力が怖いです。

いたずら2回目はこんな感じ
いたずら2回目はこんな感じ

「ゲームと映画が大好きな優しい人」だという旦那さん。千景さんが今回のような“人形隠し”を仕掛けられたのは3回目だが、旦那さんは昔から自分の兄と「相手の小物やフィギュアを勝手に動かして変なポーズを取らせる遊び」をしていたそうで、その延長がこのいたずらなのだそう。

思わず妻が膝から崩れ落ちるほど笑ってしまったいたずらのスキルは、幼少のころから磨かれていたようだ。

妻「いつかはやり返したい!」

――普段から旦那さんはよくこんないたずらをする?

普段から冗談やいたずらは多いです(私が本当に困るようないたずらは絶対にしません)。ですので、ほとんど生活の一部のようになっていて、私も笑って文句を言ったら終わり、といった流れになってしまっており、特にこれといってお話しできるようなものは覚えておりません、すみません。こんなに笑っていただけるなら、これからまめに記録することを心がけます。


――ちなみに、千景さんから“仕返し”はした?

私にはいたずらの才能はないので、いつもいたずらをされてただただ驚くだけです(笑)。悔しいですが、毎回夫の想定通りに驚かされてしまいます。驚けば驚くほど、もちろん仕掛け人の夫は喜ぶので、仕返しはできませんが、いたずらで楽しませてくれたお返しなら、少しはできているのかもしれません。でも、いつかはやり返したいです!

人形はしばらくこのポーズで飾られていたそう
人形はしばらくこのポーズで飾られていたそう

――投稿には大きな反響があったが…

夫にしかけられるいたずらや冗談を、いつも私一人だけが楽しんでいてもったいないなぁと常々思っていたので、今回たくさんの人に夫のいたずらで笑いを届けることができて、本当に嬉しいです! 面白そうなものはまたちょこちょことTwitterで投稿していきたいなと思います。


思いがけない“バズ”に、旦那さんに「10万人を笑顔にできてよかったねぇ」と伝えたという千景さん。旦那さんは「照れながら、ニコ!!としてました」とのことで、そんなやりとりにもほっこりしてしまう。

日常の中に、ちょっとしたサプライズを……もしかしたら夫婦円満の秘訣はそんないたずら心にあるかもしれないと思わされる。今後もいたずらエピソードはTwitterに投稿していく予定とのことなので、ぜひ“次回作”も楽しみにしたい。