“漫才”のルーツ「尾張万歳」を守り続ける親子

この記事の画像(17枚)

現代のしゃべくり漫才の原形とされる「尾張万歳」は、名古屋ではお祝い事に欠かせない芸能として伝わってきた。
しかし、その文化を継承する担い手は徐々に減少している。
そんな中、尾張万歳の普及に努める58歳と26歳の親子がいる。二人は、700年の伝統を守るため、笑いで福を呼び続けている。

2022年元旦の名古屋城。「尾張名古屋は城でもつ!」「笑う門には福来る!」。

名古屋城の新年は、2022年も恒例の尾張万歳で始まった。今枝増笑門さん(58)と増吉さん(26)は、親子で尾張万歳を続けている。

扇を持った太夫(たゆう)と、鼓を持った才蔵(さいぞう)の掛け合い。

そもそも尾張万歳は、約700年前に尾張の国の僧侶がお経に節をつけて歌ったのが始まり。正月などの“祝福芸”として人気を集め、その後、現代のしゃべくり漫才のルーツとなった。

伝統の尾張万歳を継承する「今枝社中」は、12歳から58歳までの12人が稽古に励むとともに、尾張万歳の普及に努めている。

増吉さんらは、子供たちに特別授業も行っている。

今枝増吉さん:
この間、動物園にひつじさん見に行ったんです。具合悪そうだったんで聞いたんです。「どこが悪いの?」「目(め)~」なんてどうかねあいならえ~

「いま尾張万歳をやっているのは今枝社中の12人だけなので、私たちがやらなくなったら無くなってしまう」。増吉さんは尾張万歳の伝統が途絶えてしまうことを危惧している。

家庭や店に福を…新春恒例の祝いの言葉唱える「門付万歳」

2022年1月3日。今枝社中は、名古屋市緑区の旧東海道の宿場町「有松」で、新春恒例の行事を行った。一般の家庭やお店を訪ね、祝いの言葉を唱える「門付万歳」だ。

店主:
心が引き締まる思いですね、このお囃子を聞くと。今後も続けていってください

訪ねた家には「千社札」を貼る。3時間ほどかけて店や家を30軒ほどまわり、笑いで福を呼び込んだ。

増吉さんが小学生の頃からの馴染みの家も。増吉さんは7年前に亡くなったこの家のおばあさんには、とてもお世話になったという。

今枝増笑門さん:
(増吉が万歳を)始めて1~2年目の時に、「待っていたんだよ」って言っていただいて。本当に嬉しくて

天国に福を届ける…万歳を楽しみにしていたおばあさんのために

続いても、常連さんのお宅を訪ねた。

常連の男性:
母親、脳出血しちゃって…。亡くなっちゃった

2021年に100歳で亡くなったこの家のおばあさんは、万歳を毎年楽しみにしていた。

今枝増笑門さん:
ご主人が鼓の音だけで、表に出られて手招きして。「母に歌ってやってください」って言っていただいて…

常連の男性:
毎年お子さんたちが大きくなるのが、こちらも楽しみで。(母も)「また来てくれたな」って思っていると思う

増笑門さんと増吉さんは、天国のおばあさんに福を届けた。

今枝増笑門さん:
本当であればお祝いしてはいけないけど、あえて呼んでいただいて。万歳を理解している方が、継承しているのはありがたい

「古典芸能、まだまだ頑張っていると思われたい」

2022年1月4日、徳川園での新春万歳。大いに笑い、大いに歌う…。700年続く伝統芸である尾張万歳。この日の舞台では、大きな拍手と、おひねりが飛び交った。

今枝増吉さん:
皆さまの力添えをもちまして、この尾張万歳をなんとか盛り立てていただきますよう、ひとえにお願い申し上げます

今枝増笑門さん:
笑うって事にこだわって、古典芸能まだまだ頑張っているなと、やるじゃないかと思われるくらいにしていきたい

笑う門には福来る。増笑門さんと増吉さんは、これからも笑いでたくさんの福を呼び込む。

(東海テレビ)