この記事の画像(18枚)

日本で暮らす私たちにとって、救急車を呼ぶ119番はいざという時に心強いシステムだが、新型コロナの感染拡大に加え不要不急の通報で、いま救急体制に影響が出ている。

名古屋市では1日平均で救急車の出動件数は324件に上るが、消防署に密着すると、一口に「救急要請」といっても多岐にわたることがわかった。

めまい、酔っ払い、息苦しい…こうしたケースも要請が多くあるが、119番通報するかどうかの判断が難しいのが実情だ。

【Case1】一刻も早く119番すべき…目が回って起き上がれない

早朝、50代の男性が自宅でめまい。吐き気もあり、妻が119番通報した。

救急隊:
中入りますね。おはようございます。めまいがするとお聞きしましたが

男性A:
夜中から調子が悪くて。いきなり気持ちが悪くて、起きてそこで吐いたんですよ。しばらく様子を見ていて

深夜2時ごろ、トイレに起きるとぐるぐると回るめまいに襲われ、嘔吐。朝、寝返りを打つだけで目が回るようになったという。

この男性同様、要請で多い事案の一つがめまいだ。

救急隊:
(めまいの通報は)多いですね。めまいと言っても色々な症例がありますので。多いのが“回るめまい”。ご本人は目をつぶっていても回りますので、非常に辛い。吐き気が出てきますので辛い症状です

男性A:
頭をちょっと左右に変えるだけで、ぐるぐる吐き気がするくらい目が回ります

救急隊:
今まで経験したことのないような激しい頭痛とか、そんなような状態ですと頭の病気も考えますので、これは一刻も早く呼んでいいような状態です

男性は病院で薬をもらい、昼に帰宅。医師から「安静に」と言われ、仕事を3週間休んだ。

【Case2】駐車場に倒れた見知らぬ“酔っ払い” 住人が通報

住宅街からの119番通報。救急隊が駆け付けると、民家の駐車場に60代の男性の姿があった。救急車を呼んだのはこの家の住人だった。

通報者:
びっくりですよ。急にうちの駐車場で倒れていらしたので。これは何かあってはと、救急車を呼んだ形です

救急隊:
きょうはどうしました?

男性B:
酔っぱらっとる

救急隊:
ちょっとここじゃ、この家の人がびっくりしちゃうもんだから。一回、救急車に乗ってもらっていい?ゆっくりでいいよ。だいぶ飲んどるな、きょう。そっちの青い方に座って。確認のために血圧とか熱とかまずみせて。誰かに殴られたとか倒されたとかではないんだね?

男性B:
ないないない、喧嘩をしない

救急隊:
おうちにはどなたかみえましたっけ?

男性B:
いや、ぐしゃぐしゃだもんで

救急隊:
病院はいい?

男性B:
ゴミ屋敷なんで

救急隊:
病院はどう?行かんでいい?

男性B:
行かんでいい。ゴミ屋敷でどうすりゃいいの

救急隊:
我々に相談されてもそれは困るな。人のおうちのことまで救急車は…

結局、病院へは搬送せず。身の安全を考え、特別に自宅まで送り届けることに…。

救急隊:
家に入るとこだけ見せてくれればいいよ

男性B:
汚い汚い

救急隊:
何かあったら119番してよ

男性B:
ありがとうございました

救急隊:
おやすみなさい。はぁ~

通報者:
時期が時期なので、色々な方がみえるので。私もそばに寄っていいものやら、救急隊にお任せした方が安心かなと思って。むやみやたらに救急車を呼ぶのは考えるんですけど、状況が状況だったので良かったかなと思います

【Case3】「息苦しい」と通報も調べると酸素は十分 大事をとり病院へ

救急隊:
男の方から息苦しいということで、ご本人さんですか?119番されませんでしたか?今、救急車は必要ですか?必要なんですね。ご本人さんですね

70代の男性から119番通報。しかし、どこか会話が噛み合わない。自宅のアパート前で待っていた男性。救急車が到着すると、自ら歩み寄ってきた。

救急隊:
息苦しいのはいつからですか?ちょっと血圧測りますよ

男性C:
一週間以上

救急隊:
食欲がないの?

男性C:
食欲はある

救急隊:
酸素の値はちゃんとあるので大丈夫。心配せんで下さい。37.3度

大事をとり、かかりつけの病院へ搬送することに…。

救急隊:
息苦しくてしょうがないから119番されたんですね?ただ幸いにして、酸素の状態は十分体に入っています。落ち着いて呼吸をなさって下さい

その後、男性は診察を受け、この日に帰宅した。

救急隊:
ご本人さんもお辛くて119番されていますので。歩いて乗られたからこれは軽症だと(安易に)判断することはなく、必ず体の状態を把握して病院には連絡し、お連れするようにしています

【Case4】夫婦住む集合住宅の一室で“警報ブザー”鳴り出動も…

深夜1時、「集合住宅の一室で警報ブザーが鳴った」と警察から119番通報があった。現場は老夫婦が暮らす集合住宅の一室。しかし、住人は警報ブザーを押した覚えがないという。

救急隊:
病院へ行く必要はなさそうですか?

女性A:
それはないよ

警察:
たぶん故障だと思う。切っても切れなかった

女性A:
(夫も)触った覚えがないみたい

救急隊:
僕たち引き上げるけどいい?

女性A:
いいですよ、悪いけどすみませんでした

救急隊:
全然大丈夫だよ

老夫婦の無事を確認、事なきを得た。

【Case5】緊急事態宣言明けの繁華街で女性が酩酊状態に

次は、緊急事態宣言が明けた名古屋の繁華街・中区栄から。

飲食店の店員からの119番通報で、20代の女性が泥酔しているとのこと。

救急隊:
飲酒で酩酊、嘔吐。店員からの通報

友人:
もどすのは1時間前から

女性B:
本当に申し訳ないです

友人とお酒を飲んでいて過呼吸に。1時間ほど続いているという。

救急隊:
救急車の中で休憩しようか

女性をストレッチャーに乗せ、救急車へ。友人の連絡で女性の交際相手も駆け付けた。

救急隊:
過呼吸になったりするのは?

交際相手の男性:
(酒を)飲むと出てくるので

救急隊:
飲みすぎちゃったの?呼吸も落ち着いてきたね

女性B:
大丈夫みたいです

30分ほどで落ち着いた女性は、車で交際相手の男性の自宅へ。

現場到着から40分。救急隊は消防署に引き上げた。

(東海テレビ)