12月18日に亡くなった女優の神田沙也加さんの葬儀が近親者のみで営まれた。午後5時過ぎ、斎場で母親の松田聖子さんと父親の神田正輝さんが取材に応じ、辛い胸の内を明かした。

神田正輝さん(71):
大変申し訳ございません。ありがとうございます。本当に身内の近親者のみでお別れそしてお骨にすることができました。みなさんご協力ありがとうございました。ただあまり今2人とも話すようなことではないので、しばらくの間そっとしておいていただけたらありがたいと思います

この記事の画像(8枚)

母・聖子さんは…

松田聖子(59):
本当に皆さまお寒い中、申し訳ございませんでした。ありがとうございます

父の神田さんが淡いピンク色の袋に入ったお骨を抱え、母・聖子さんの手には位牌。悲しみをこらえ報道陣にコメントをした。聖子さんは言葉を詰まらせながらも涙をこらえ、気丈に振る舞った。

母・聖子さんは一面雪が降り積もる中、午後2時半過ぎ、霊柩車に乗って札幌市内の斎場に到着した。愛娘の位牌を胸にしている聖子さん。報道陣へ一礼をすると斎場へと入っていった。

親子3人の最期の時間を過ごした後、沙也加さんは荼毘に付された。

仲間たちから思いが寄せられている

突然の訃報に沙也加さんと共に作品を作り上げてきた仲間たちも思いを寄せている。

沙也加さんの代表作のひとつ「アナと雪の女王」でエンドソングを歌ったMayJ.さんはインスタグラムに想いを綴った。

MayJ.さん:
いつも会うたびにぎゅっと抱きしめてくれて言葉を交わさなくてもわかり合える絆を感じていました。一番つらかった時期にかけてくれた言葉をこれからも大切にしていきます

亡くなった女優の神田沙也加さん(享年35)

そして今回公演中だったミュージカル「マイ・フェア・レディ」でダブルキャストだった朝夏まなとさんも沙也加さんとの写真を公開し、思いをつづった。

朝夏まなとさん:
今も「マーちゃんギューってしてて!!」笑顔で走ってくる姿が目に焼き付いて離れない。これからも心でギューってしてるからね。さあちゃん顔を上げて頑張るよ。私たちの愛する舞台のために…見守っててね

たくさんの仲間から愛されてきた神田沙也加さん。母・聖子さんは12月23日から大阪で開催予定だったディナーショーを中止。

また既に出場が決まっている紅白歌合戦の聖子さんの出演についてNHKは「後日改めてお知らせします」とコメントしている。

悩みや不安を抱えて困っている時には電話やSNSで相談する方法がある。こころの健康相談統一ダイヤルなど複数の窓口があり厚生労働省のホームページにも案内がある。一人で抱え込まず相談してほしい。

(「イット!」12月21日放送分より)

イット!
イット!
メディア
記事 1672