Live
プライムニュース『検証!海底火山大噴火 衝撃波と津波の脅威は 日本近海に潜むリスク』【ライブ】
ひき逃げされ山林に遺棄…未解決で時効成立も異例の「容疑変更」 時効10年延長に遺族「あと10年あれば…」
追跡ニュース 記者の目

ひき逃げされ山林に遺棄…未解決で時効成立も異例の「容疑変更」 時効10年延長に遺族「あと10年あれば…」

東海テレビ
東海テレビ
地域

犯人に対する思いもあの日のまま…10年経った今も「終わりがないので、僕らには」

この記事の画像(11枚)

2011年、三重・松阪市で当時32歳の男性が車でひき逃げされ、遺体を山林に遺棄された。10年後の2021年、未解決のまま死亡ひき逃げ事件としての時効が成立した。
しかし、警察は容疑を切り替えて捜査を継続する異例の対応をとった。遺族の思いを取材した。

11月20日、毎年この日に道路脇の畑に花を手向ける家族がいる。神戸市に住む一瀬さん一家だ。

兄の一瀬信臣さん:
あいつが好きやった、たらことか。たらこが1本あったら飯いっぱい食えたから、あいつ

10年前、当時松阪市に住んでいた三男・敦さん(当時32)が仕事からの帰宅途中、この場所で何者かが運転する車にはねられ、命を落とした。

兄の一瀬信臣さん:
10年経ったという実感がないですね。犯人に対する思いも、もちろんあの日のままだし。終わりがないので、僕らには

事件が明らかになったのは2012年3月11日。松阪市飯南町上仁柿の山林で、4か月前から行方不明になっていた敦さんが遺体で見つかった。

その後の捜査で、北東に20キロ以上離れた松阪市内の県道近くで、敦さんの名前が書かれた封筒などを発見。警察は何者かが敦さんを車でひき逃げした後、遺体を運び遺棄したとして捜査を始めた。

兄の一瀬信臣さん:
(敦を)はねたまま置いてくれとったら、もしかしたら助かっていたかもしれないし

母の一瀬要子さん:
この深い深い山の谷に連れてこられたということが、ちょっと悲しいですね

一家は、遺体が見つかった3月と、ひき逃げされたとみられる11月の年に2回、それぞれの現場を訪ねて敦さんを弔ってきた。

しかし「死体遺棄罪」は事件から3年後の2014年に時効が成立。さらに「過失運転致死罪」も2021年、10年の時効を迎えた。

事件から10年が経ち、警察は敦さんが当時身に着けていた黒いダウンジャケットを初めて公開。

そして事件の解決を望む遺族の強い意向を受け、異例の対応をとった。

三重県警と津地検は1年ほどかけて協議したうえで、敦さんが当時ひき逃げされた後に生きたまま遺棄された可能性があるとして、時効が20年の「保護責任者遺棄致死罪」を適用することにした。

10年延長された時効…。

一瀬さん一家は、2020年は新型コロナの感染拡大で中止になってしまった駅でのビラ配りを2年ぶりに再開。

家族総出で駅の利用客に情報提供を求めた。

母の一瀬要子さん:
10年経てば(犯人が)憎いとかいうのではなくて、遺棄された場所、なぜそこまでしなきゃいけなかったっていうことだけが、やっぱり知りたいです。あと10年あれば、また何かが本当に、情報提供いただけたらありがたいです

(東海テレビ)

三重県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×