3回目接種は原則8カ月後 6カ月後はあくまで「例外」

新型コロナワクチンの3回目接種。そのスケジュールや対象年齢などにについてまとめた。

まず、12月1日に医療従事者からスタート。その後、2022年1月から65歳以上の高齢者、3月をめどに企業や大学などで行う職域接種、4月には64歳以下の人の接種が始まる予定だ。

対象者は、前回の接種から8カ月が経った18歳以上の希望者としている。

この記事の画像(4枚)

しかし、2回目の接種から半年で効果が半減したという海外のデータなどを踏まえて、感染状況によっては自治体が国と協議して、前回の接種から6カ月経った人への接種も可能となった。

ただ、この“6カ月後接種”について、堀内ワクチン担当大臣は会見で「原則、おおむね8カ月とする接種間隔を前倒ししたものではない」「自治体は8カ月間隔を前提に準備してほしい」と話している。

大臣は“原則8カ月後”と強調していて、6カ月後接種はあくまで「例外」ということだ。

またワクチン接種に関して厚生労働省は、現在12歳以上とされる対象年齢を5歳から11歳に引き下げ、早ければ2022年2月ごろから始める可能性があると、自治体に対し準備を求める連絡を出している。

現在、ファイザー社が対象拡大の承認を厚生労働省に申請していて、安全性や有効性に関する審査で問題ないと確認されれば、可能になるとのこと。

ファイザー社によると、5歳から11歳の子どもの発症を90%ほど抑えられるという。

(東海テレビ)