赤潮や温暖化の影響で、ウニやサケなど北海道を代表する魚介類の不漁が続いている。一方、豊漁で味も抜群なものも。
いま「お得な海の幸」を探った。

この記事の画像(14枚)

新鮮な魚介類が並ぶ北海道小樽市の水産卸売市場。ひときわ仲卸業者の注目を浴びているのが「シャコ」だ。

「シャコ」が続々と水揚げ

大振りで身が締まっておいしいと評判だが、2020年は不漁で例年の半分ほどしか取れなかった。2021年は…

仲卸業者:
少し取れるようになってきました。『しゃこ祭り』はないですが、身も良くなってきています

小樽市の「阿蘇鮮魚店」では10匹で1200~1500円で販売している。

来店客:
シャコを目当てに来ました

来店客:
年中食べたいし、おいしい

阿蘇鮮魚店 阿蘇 裕文さん:
メスも卵が入ってきたので、いまが一番おいしいです

小樽市内の寿司店「魚真」でも、地元の味覚の回復に期待を寄せている。

魚真 鈴木 強さん:
小樽市のシャコは身が厚く、甘みが強いのが特徴。最近は全国からシャコの問い合わせが来ます

本来とれるはずの魚介類は「苦戦」続き…

北海道の海は厳しい状況が続いている。
太平洋側の赤潮でウニが大打撃。価格は2020年に比べ大幅に高くなっている。秋サケも不漁で、イクラは2020年の倍近くの値段だ。

そんな中、季節外れの豊漁に沸く魚も。

港町市場 越智 孝博 店長:
こちらがトロニシンになります

秋の「ニシン」も美味

北海道増毛町で毎日水揚げされた海産物を販売する札幌市白石区の鮮魚店「港町市場」では、10月末からニシンを店頭に並べた。ニシンといえば旬の季節は…

来店客:
春のイメージ。でも、煮つけにしたらおいしかったです

来店客:
今の時期のニシンは身が締まって、煮つけや刺し身が食べやすいです

北海道民には「春」の魚のイメージが強いニシンだが、店では「秋ニシン」を新たなブランドにしたいと期待している。

港町市場 越智 孝博 店長:
卵を持っていない分、身の締まりも良く、脂も乗っています。トロニシンとして販売しています

1匹200円台と、春ニシンより2割ほど安くなっている。この秋ニシンを看板メニューにしようという飲食店も。

増毛漁港直送 遠藤水産 JR琴似駅前店 村椿 裕太 店長:
この時期に、脂がのっているニシンを食べられることに驚いています

札幌市西区の居酒屋「増毛漁港直送 遠藤水産 JR琴似駅前店」では、11月に入り定番のニシンの塩焼きや刺し身、寿司などをメニューに加えた。

来店客:
確かに脂がのっている。うまいね

来店客:
秋のニシンは食べたことがないです。秋にニシンは取れないというイメージ

漁が回復した小樽市のシャコ。季節外れの増毛町のニシン。

安くておいしい海の幸に注目だ。

(北海道文化放送)