2021年7月、東京オリンピックの開催に合わせ、57年ぶりに大空に五輪を描いた航空自衛隊のブルーインパルス。

全国のすご腕パイロットから選び抜かれた佐賀県出身のパイロットが、「時速700km以上で飛行しながら、機体同士の間隔はわずか90cm」という高度な操縦技術について語った。

都心の空を彩った航空自衛隊ブルーインパルス

東京オリンピックの開会式に合わせ、都内の空に五輪を描いたブルーインパルス。

航空自衛隊提供
この記事の画像(14枚)

卓越した飛行技術で、多くの人を魅了した。
そのうち1機、黒のスモークをひいたのが、佐賀・みやき町出身の3等空佐・河野守利さん(39)。

河野守利3佐:
一生に一度、あるかないかの大きな国際的なイベントで飛ばせてもらい、そういうときにここに在籍できてすごく光栄

河野3佐が所属するブルーインパルス。
宮城県にある松島基地で、日々訓練に明け暮れている。

1番機 飛行隊長・遠渡祐樹2佐:
広報部隊としての役目を持っていて、航空祭とか全国の地方のイベントで飛んで、自衛隊の活動を知ってもらうきっかけをつくる

“ファンブレイク”という編隊飛行では、時速700km以上で飛行しながら、機体同士の間隔はわずか90cmしかない。

6機で行うアクロバット飛行の中でも、高い技術力を求められるのが、1機で激しい動きをする5番機、「リードソロ」と呼ばれるポジション。
最大で、体重の6倍ほどのG(重力)がかかる。

河野守利3佐:
頭の上から押される感じ、血液が下がってくるのが影響がある。ブラックアウト、失神してしまうので、Gスーツと筋力で血を押し戻して、意識を保つ。そこが1番難しい

河野3佐は、この5番機を担当している。

河野守利3佐:
低い高度を飛んでいると、一瞬のミスが命とりになる。しっかりと睡眠と食事をとって、万全の状況でフライトできるように

全国の隊員の中から、すご腕のパイロットたちが集まる部隊だが、誰もが5番機を担当できるわけではないという。

1番機 飛行隊長・遠渡祐樹2佐:
佐賀出身の河野君とかは、6機ある飛行機の中でも、かなり操縦技量がないと乗れないポジション

ヘルメットには、数字の5が逆さについているのがその証。

高い技術が必要な背面飛行などが多く、地上から見たときに見えやすくするためだという。

「毎日死に物狂い」 念願のパイロットになるまで

河野3佐がパイロットを目指そうと思ったきっかけは...。

河野守利3佐:
飛行機が飛んでいるのを見るのが好き、かっこいいなと

中学卒業後、航空自衛隊に入隊。
パイロットの道を目指すことになるが、その道は険しいものだった。

河野守利3佐:
毎日点数つけられて、基準に達しなかったのが何回か続くと首になっちゃう。それにいつもおびえながら、毎日死に物狂い

念願かない、戦闘機のパイロットに。
そして、希望だったブルーインパルスへ配属。全国各地で、さまざまな人を魅了してきた。

しかし、任期は原則3年。
いま河野さんは、後輩の江口健1尉に5番機の座席を譲ろうとしている。
訓練の際に一緒に飛び、技術を伝えている。

河野守利3佐:
みんながひきつけられるような単機の機動飛行をする。そういう機動飛行ができるようになってくれたらいい

後輩 江口1尉:
先輩の期待に応えられるよう、今後もがんばっていきたい

夢や希望に向かって“1つ1つ”やっていく

その後輩、実は佐賀とも縁があった。

後輩 江口1尉:
久留米出身です。佐賀のゆめタウン行きます

およそ10人いるパイロットのうち、6人が福岡県出身、1人が宮崎県出身と、偶然にも九州勢が多くいる。

さらに、機体を整備する整備員にも、佐賀県出身者がいる。

近藤哲史3曹:
僕もブルーインパルスにはあこがれてきたので、とても光栄。佐賀県の方にも、松島の地から夢と感動を届けられたらいいな

狭き門を突破し、戦闘機のパイロットになり、希望したブルーインパルスの隊員にもなった河野3佐。

河野守利3佐:
一筋縄にはいかないことばかり。1つ1つ問題を解消していきながら、同じことを学ぶ同期と切磋琢磨(せっさたくま)しながら、やっとたどり着いた。パイロットだけではなく、なんでも夢や希望を持って、それに向かって1つ1つやっていくことが大事

きょうもどこかの空で、人々に感動を与えている。

(サガテレビ)