世の中にあふれる様々な情報をチェックし、気になる人物や物事を徹底的に捜査する、めざまし8の「帰ってきた!走れ!三面刑事」のコーナー。

今回捜査するのは、高級スポーツカー・フェラーリの焼きいも屋さん。

この記事の画像(18枚)

真っ赤なフェラーリの後ろには「焼きいも」と書かれた赤ちょうちんがあります。なんともアンバランスな組み合わせですが、一体誰が何のためにこんなことをしているののでしょうか?

焼きいも屋の店主は、車の修理もお手のもの

今回、三面刑事・山下真司さんが訪れたのは、東京都の西部に位置する人口1万7000人ほどの緑豊かな日の出町。石焼きいもの歌を響かせ現れたのは、田園風景に不似合いな真っ赤なスポーツカー。

三面刑事は車で追跡し、接触を試みた。

山下真司:
動くな、三面刑事だ!お前か?この真っ赤なフェラーリで焼きいもを売ってるっていうアンビリーバブルなやつは!

原田輝和さん:
「すーぱーかーやきいも」をやってる原田という者です。

真っ赤なフェラーリで焼きいもを販売する、その名も「すーぱーかーやきいも」。経営しているのは原田輝和さん(53)。

山下真司:
相当、フェラーリ好きだな?

原田輝和さん:
大好きですよ。車も好きだし。2002年ぐらいだから、相当古い車なんだけど。

山下真司:
だけどピカピカじゃないか。

原田輝和さん:
自分で塗ったんですよ、きれいに。

山下真司:
自分で塗ったの!?

自身で車を改装したことに思わず驚く三面刑事。興味津々に質問を続けます。

山下真司:
ここは焼きいも屋さんじゃない?

原田輝和さん:
焼きいも屋さんでもあるんですけど、車の修理屋さんでもあるんですよ。

山下真司:
どっちが本職なんだよ?

原田輝和さん:
焼きいも屋です。

原田さんは、車の整備や修理を仕事にしていますが、3年ほど前から焼きいも屋さんも始めたのだといいます。

フェラーリの後部…“まさかのモノ”を加工

山下真司:
これはフェラーリなの?

原田輝和さん:
これは、この車を半分に切ったように見せたかった。

山下真司:
じゃあ、偽物じゃないか!

原田輝和さん:
偽物って。僕のオリジナルですよ、これ

山下真司:
しかし、よく出来てる。

フェラーリがけん引する台車は、水上バイクのトレーラーを原田さん自ら加工し、2カ月かけてフェラーリの後部を再現したもの。

その上にドラム缶で作ったイタリアカラーの焼き窯を乗せ、契約農家から仕入れた糖度の高い「紅はるか」を焼いています。

原田輝和さん:
とにかく食べてみてください。

山下真司:
うわ、なにこれ。ねっとりしてるよ。初めて食った、こんなの。めちゃくちゃ美味い!ナンバーワン!デリシャス!

食いしん坊の三面刑事もうなる美味しさ。さらに、この焼きいもには“ある秘密”があるといいます。

「好きなものが合体」すーぱーかーやきいも誕生のワケ

原田さんは焼きいもの“石”にもこだわりを持っていました。

原田輝和さん:
水晶。クオーツ。

山下真司:
クオーツ!? なんでこれ使うの?

原田輝和さん:
本当に間違いなく甘くなるんですよ。

山下真司:
甘くなるの?

原田輝和さん:
熱伝導率がいいみたいで。すごい甘くて、ねっちょり。そんな焼きいもがね、これじゃないとできないんですよ。

原田さんのこだわりが詰まった焼きいもは、1本500円ほど。そのおいしさの虜になり、埼玉県から会社を休んで来ている人もいました。

遠方からも買いに来る人気っぷりですが、なぜフェラーリを使用しているのでしょうか。

原田輝和さん:
単純に僕が車が好きで、最高峰のフェラーリをやっとの思いで所有して、持ってたわけですね。それで、うちの家内は焼きいもが好きなんですよ。好きなもの同士が合体すると、すーぱーかーやきいもになる。

原田さんと奥さんの好きな物を組み合わせた結果、生まれたという「すーぱーかーやきいも」。

週末にはショッピングモールなどに呼ばれて出店することもあり、多いときには1日で200本も売れるといいます。

「笑顔をもらえればそれで最高」 積極的な町おこし活動も

しかし、高級スポーツカーで1個数百円の焼きいもを売って、採算はとれるのでしょうか。

山下真司:
フェラーリで焼きいもを売って、採算とれるんですか?

原田輝和さん:
とれません!

山下真司:
ニコニコしてとれないって。

採算はとれないにもかかわらず、原田さんが「すーぱーかーやきいも」を続ける理由とは…。

原田輝和さん:
笑顔をもらえれば、それで最高ですよ。車離れしてる子どもが多いじゃないですか。こういうのを目を光らせて見に来てくれると、車業界としては嬉しいんですよ。未来を見据えると。

山下真司:
原田。お前、本当にいいやつだな。こんな美味しい焼きいも、作りやがって罪な男だ!

さらに、フェラーリで焼きいもを売る理由は他にもあるといいます。

原田輝和さん:
日の出町で生まれ育った僕としては、町おこしをするためにやってる部分もある。くだらないことを真剣にやる田舎のおじさんだから、そこは崩したくないんですよね。町おこしのためにお手伝いができることがあればやりたいなって。

子供のころからスーパーカーが大好きだった原田さん。

「大人になり念願叶って手に入れたフェラーリで、今度は子供たちに夢を与え、生まれ育った町を盛り上げたい」

その思いから、ボランティアで保育園や高齢者施設を訪れ、焼きいもを配る活動も行っているといいます。

原田さんの焼きいも屋さんの活動には、“真っ赤”に彩られたフェラーリのような熱い想いが込められていました。

(めざまし8 「三面刑事」10月25日放送より)

めざまし8
めざまし8
記事 412