ダジャレ? まさかの本物? 謎が謎を呼ぶ探偵カフェ

愛知県江南市に本業が探偵の男性が営むカフェがある。この店のおすすめは、地元産の新鮮な野菜を使ったキーマカレーだ。

この記事の画像(7枚)

岐阜県との県境に位置する愛知県北部の江南市。名鉄犬山線の江南駅から徒歩10分ほどのところにある「名探偵CONAN(こうなん)カフェ」。

6月にオープンしたこの店は、全国でも珍しい探偵事務所が経営しているお店だ。

「名探偵コナン」ではなく「コウナンカフェ」を営む田中之勝さんは、探偵事務所の代表をしながらこの店をオープン。

15年以上の調理歴を持ち、料理の腕前も折り紙付きの店主がすすめるランチが、「キーマぐれ推理カレー」(950円)。タマゴがカレーのひき肉に絡む、本格的なカレーだ。

「カフェを探偵を依頼する人との接点にしたい」。事務所に直接依頼をするのは敷居が高いと考えた店主は、いつも行く店なら相談しやすいと思いカフェを開いた。

名探偵が腕を振るうカレーが自慢のお店だ。

(東海テレビ)