"羊まるごと”味わう「ラムらーめん」 人脈とノウハウで新業態 コロナ禍で苦境の飲食店【岡山発】
withコロナ時代の地元ビジネス

"羊まるごと”味わう「ラムらーめん」 人脈とノウハウで新業態 コロナ禍で苦境の飲食店【岡山発】

岡山放送
岡山放送
話題

岡山県に3度目の緊急事態宣言が出され、飲食店はこれまでにない苦境に立たされている。
そんな中、肉料理の専門店がある商品の販売を9月1日から始めた。
それはヒツジの肉を使った珍しいラーメン。
コロナ禍を乗り越えるため、新しい業態にチャレンジした店を取材した。

苦境打開のため「ラムらーめん」開発

岡山県産のパクチーに、和気町で作られた白キクラゲ。
チャーシューとして使われているのは子ヒツジの肉、ラム肉。

この記事の画像(9枚)

その名も「ラムらーめん」。ヒツジの骨で取ったスープが自慢。

岡山市北区田町の「ラム肉バル 結」。もともとは夜だけの営業で、希少な国産ラム肉などを提供していたが、緊急事態宣言で休業を余儀なくされた。

ラム肉バル 結・田中小矢佳オーナー:
お酒とセットで食事を楽しんで頂くお客が多かったので、夜の通常営業は休んでいた。店を閉めてしまうと、今まで付き合っていた農家や羊飼いを止めることになるので、何とかしたい気持ちだった

そこで、9月1日から新たに始めたのが、ラム肉を使ったラーメンのランチ営業。
希少な国産ラムを使ったラーメンで勝負しようと思ったのには、これまで培ってきた人脈やノウハウなどを生かせる手応えがあったからという。

羊をまるごと味わえるスープ

ラム肉バル 結・田中小矢佳オーナー:
夜の営業で5年培った羊飼いのオーナーとの関係性で、本来(スープに使う)骨はちょっとと言われるところを、「岡山で骨を使って羊を広めてね」と言われ、今回仕入れられた。羊がまるごと味わえるスープ。やさしいスープになっています

客:
こんなラーメン初めて食べた。あっさりしている。おいしい

客:
ヒツジを感じる。あっさりで食べやすく甘い感じがする

3度目の緊急事態宣言で先行きが見えない中でも、飲食店では逆境に打ち勝つための挑戦が続いている。

(岡山放送)

岡山県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

withコロナ時代の地元ビジネスの他の記事

リアルな

リアルな"宇宙飛行士体験”を鳥取砂丘で…AR技術活用して「月面…

話題
築90年の長屋を“手作り複合施設”へ…地域活性化に若手が奮闘 …

築90年の長屋を“手作り複合施設”へ…地域活性化に若手が奮闘 …

話題
人とのつながり広がる場にも…コワーキングスペースの可能性 地…

人とのつながり広がる場にも…コワーキングスペースの可能性 地…

話題
クリーニング店なのに青果が安い…酒屋→コンビニFC1号店から現…

クリーニング店なのに青果が安い…酒屋→コンビニFC1号店から現…

話題
手芸用ハサミが“世界一売れた日本の商品”に…使いやすさ追求し…

手芸用ハサミが“世界一売れた日本の商品”に…使いやすさ追求し…

話題
札幌駅周辺に「タワー3棟」…

札幌駅周辺に「タワー3棟」…"札幌西武"跡地に35階建て高層ビル…

話題
一覧ページへ
×