【動画でみる】天皇陛下の記者会見はこちら

天皇陛下は23日、60歳=還暦の誕生日を迎え、即位後初めての記者会見で象徴としての思いや祝福への感謝を言葉にされた。(質問部分は要約)

即位のご感想と、“象徴”のありかたについて

--即位の感想とともに、約10カ月を振り返りお気持ちをお聞かせください。また,平成時を踏襲した儀式のあり方についてのお考えも。

この記事の画像(9枚)

私は,昨年の5月1日に皇位を継承いたしました。平成の時代には,皇太子として,上皇陛下のお近くで様々なことを学ばせていただき,準備をしてまいりましたが,剣璽等承継の儀,即位後朝見の儀に際しては,これから先,我が身が担う重責に思いを致し,身の引き締まる思いがし,厳粛な気持ちになりました。

それから約10か月,一つ一つの公務に真摯に向き合い,心を込めて大切に務めを果たすべく努めてまいりました。天皇の一つ一つの公務の重みと,それらを行うことの大切さを感じております。この間,常に私の傍らに寄り添い,相談に乗り,公務に共に取り組みながら支えてくれている皇后雅子に,感謝しております。

振り返りますと,上皇上皇后両陛下が,30年以上の長きにわたり,国民に寄り添い,国民と苦楽を共にされながら,公務に取り組んでこられたお姿に尊敬の念を新たにいたします。そして,天皇皇后としての私たちの新たな門出を,温かい目でお見守りくださったことに厚く感謝を申し上げます。

この10か月の間に,最も印象に残っていることの一つに,都内や地方での諸行事や諸儀式の際などに,多くの方々から,温かい祝福の声を寄せていただいたことが挙げられます。

また,即位礼正殿の儀に参列され,饗宴の儀にも御出席いただいた各国を代表する方々から心の込もったお祝いをいただきました。海外の王室の方々とも旧交を温めることができたことをうれしく思っております。

そうしたお一人お一人の声に支えられて今日を迎えることができていると感じております。この場を借りて改めて感謝いたします。

日本国及び日本国民統合の象徴としての私の道は始まってまだ間もないですが,たくさんの方々からいただいた祝福の気持ちを糧に,上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し,また,歴代の天皇のなさりようを心にとどめ,研鑽(けんさん)を積み,常に国民を思い,国民に寄り添いながら,象徴としての責務を果たすべくなお一層努めてまいりたいと思っております。

儀式の在り方についての質問ですが,平成へのお代替わりにおける一連の即位儀式の際,現行憲法下における初めての即位ということもあり,儀式の在り方について,慎重に検討がなされたと承知しております。

今回の一連の諸儀式においては,平成時を踏襲した上で,必要に応じて,変更や工夫を取り入れたものと認識しております。

--日本社会が大きく変わろうとしている令和の時代に,陛下は具体的にどのような活動によって天皇の役割を果たしていくお考えか,決意をお聞かせください。陛下の憲法に対する思いもあわせて教えてください。

御指摘のように,近年は特に変化の激しい時代です。例として挙げられたAIが数年前には今のように話題になっていなかったことや,今では当たり前に使われ,我々の生活を大きく変えているスマートフォンの普及,その一方で,各地で大きな被害をもたらす気候変動による自然災害の脅威が更に深刻になっていることなど,平成の初期と比べても,人々の生活環境は異なってきていると思います。

このような変化の激しい時代にあって,社会の変化や時代の移り変わりに応じた形でそれに対応した務めを考え,行動していくことは大切なことであり,その時代の皇室の役割でもあると考えております。そのためにも,多くの人々と触れ合い,直接話を聞く機会を大切にしていきたいと考えています。同時に,先に述べましたとおり,常に国民を思い,国民に寄り添い,象徴としてあるべき姿を模索しながら務めを果たし,今後の活動の方向性についても考えていきたいと思っております。

憲法についての質問ですが,日本国憲法は,日本国及び日本国民統合の象徴として天皇について定めています。憲法を遵守し,象徴としての務めを誠実に果たしてまいりたいと考えております。

皇后・雅子さま、愛子さま、そして上皇上皇后さまについて

--皇后さまのご活動やご体調をどのように受け止め,今後,どういった役割を期待されていますか。愛子さまのご活動や将来について,天皇として,父親としてどのようにお考えになっていますか。また上皇ご夫妻のお過ごしをどのようにご覧になっていますか。

雅子は,種々の工夫を凝らしつつ一生懸命に努力を積み重ね,幸いにして,令和元年は,即位に係る全ての儀式・行事に出席することができました。このことを私も雅子もとてもうれしく思っております。

本人も強い責任感を持って一つ一つの行事に臨んでおりましたが,それに加えて,先ほども述べましたとおり,即位以来,多くの方々から温かいお祝いを頂いたことが活動の大きな支えになっていると思われます。雅子自身も多くの方々から寄せていただいた温かいお気持ちをうれしく,また有り難く思っていると申しておりました。

他方,雅子はいまだ快復途上にあり,昨年12月の誕生日の際に医師団が見解として述べているとおり,体調には波があり,大きい行事の後や行事が続いた場合には,疲れがしばらく残る傾向があります。近くで見ていると,とてもよく頑張っていると思いますが,決して無理をすることなく,これからもできることを一つ一つ着実に積み重ねていってほしいと思います。また,即位以来,忙しい日々を送る中でも,私や愛子にもいろいろと細かく心を配り,活動を支えてくれており,公私にわたり良き相談相手となってくれています。私も今後とも,できる限り雅子の力になり,支えていきたいと思っております。国民の皆様には,これまで雅子に温かく心を寄せていただいていることに,改めて心より感謝の気持ちを述べるとともに,引き続き雅子の快復を温かく見守っていただければ有り難く思います。

愛子は,この3月に学習院女子高等科を卒業いたします。

学習院女子高等科においては充実した高校生活を送ることができたようで,それもひとえに先生方や多くのお友達のお陰であると感謝しております。今後の進学先については,学校側から,愛子が希望していた,学習院大学文学部日本語日本文学科への合格通知を頂きました。進路については,本人から私たちにも相談がありましたが,本人の意向を尊重しながら,できる範囲での助言をしてきたつもりです。希望の進学先に進めることを,愛子はもとより,私も雅子もとても喜んでおります。高校を卒業し,大学へ進学すると,今まで以上に,様々な経験を積み重ねながら視野を広げていく時期になると思います。これからも感謝と思いやりの気持ちを大切にしながら,いろいろな方からたくさんのことを学び,自身での思索を深めていってほしいと思っています。それとともに,充実した学生生活を送ってほしいと思っています。その中で,自分のやりたいことを見つけ,成年皇族としての公務とのバランスを見出しながら将来への希望を描いていってもらえれば,と思っております。

上皇上皇后両陛下には,長年にわたり,常に国民の幸せを願われ,国民に寄り添い,苦楽を共にされながら,全身全霊で務めを果たしてこられました。上皇上皇后両陛下のこれまでの歩みに思いを致す度に,深い感謝と敬意の念を覚えております。そして,御退位に当たり,私たちに対し,種々お心遣いをいただいてきたことを有り難く思っております。同時に,これから高輪への御移居の御準備や,御移居に伴う新しい環境への順応などの御負担を案じております。御退位後,上皇陛下には,生物学研究所へのお出まし,上皇后陛下には,音楽鑑賞や美術鑑賞などへのお出ましなど,これまで十分に時間がお取りになれなかった御活動にもお時間をお割きになれるようになればと思っています。末永くお健やかにお過ごしいただけますよう,心よりお祈り申し上げます。

--公的活動を担うことができる皇族は,高齢化や結婚によって減少しています。陛下は皇室の現状を,どのように認識されていますか。望ましい皇位継承のあり方をどのようにお考えですか。皇嗣の秋篠宮さまとは,皇室の課題や将来について,どのように話し合われていますか。

現在,男性皇族の数が減り,高齢化が進んでいること,女性皇族は結婚により皇籍を離脱すること,といった事情により,公的活動を担うことができる皇族は以前に比べ,減少してきております。そしてそのことは皇室の将来とも関係する問題です。ただ,制度に関わる事項については,私から言及することは控えたいと思います。

秋篠宮とは,折に触れ,いろいろな話をいたしますが,内容について言及することは控えたいと思います。

天皇陛下会見 後半【「新型コロナウイルス感染拡大の早期収束を願う」天皇陛下即位後初の誕生日 会見全文②】はこちら