すくすく成長し、今がかわいい盛り。香川・東かがわ市の動物園で6月に誕生したばかりのブタの赤ちゃんが、8月のデビューに向けて特訓に励んでいる。

たっぷりの愛情受けて育つ3匹の子ブタ

東かがわ市のしろとり動物園では6月5日、ブタの赤ちゃんが誕生した。
少し灰色の混ざった食いしん坊のわかばくんに…

この記事の画像(11枚)

マイペースでおっとりしたかえでくん。

賢く好奇心旺盛のもみじちゃん。

おとぎ話に出てきそうな「3匹の子ブタ」たちだ。

子ブタたちは体長30cm、重さ1kgで、親の10分の1くらいの大きさ。

マイペースなかえでくん

大好きなミルクをグイグイ飲み、元気いっぱい走り回ることが日課の3匹の子ブタを飼育するのは、3匹の子ブタ誕生と同時に飼育員で結成されたブタチームだ。

斎藤瞬馬飼育員(左)山本蓮飼育員(中央)兒玉愛飼育員(右)

斎藤瞬馬飼育員:
わかばくんを担当するのは、斎藤です。

兒玉愛飼育員:
かえでくんを担当するのは、兒玉です。

山本蓮飼育員:
もみじちゃんを担当するのは、山本です。

この3人で3匹の子ブタの飼育を行い、ミルクをあげたり、運動をさせたり、毎日たっぷりの愛情を注いでいる。

デビューに向けトレーニング

そんな子ブタたちは、わっかをくぐったり、まわったりと、ブタチームと一緒に頑張っている。

3匹の子ブタは、8月14日に始まる予定のショーに向けてトレーニングに励む。

兒玉愛飼育員:
今はバックヤードで育てているが、スタッフがめでてくれて、(子ブタが誕生して)動物園が明るい雰囲気になっている。ステージに立っているブタを見て、頑張っている姿や、こういうこともできると分かってくれるとうれしい。

しろとり動物園に誕生した3匹の子ブタたちは、来園者の注目を集めそうだ。

(岡山放送)