7月18日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に、新型コロナウイルスワクチンを担当する河野太郎規制改革担当相が出演した。河野大臣は、国民全体のワクチン接種率について、多くの国と同様、日本でも最終的には6割に達するとの見通しを示した。
一方、番組のレギュラーコメンテーターの橋下徹氏(元大阪市長)は、日本を守るために若者へのワクチン普及を進める必要があると指摘。河野大臣に対し、差別と指摘されることをおそれずにワクチンパスポートを導入し、フル活用するよう政治決断を求めた。

以下、番組内での主な発言。

松山俊行キャスター:
フランスはワクチンの事実上の義務化をかなり強く押し出しているが、それに対する抗議活動も起きている。

橋下徹氏:
僕はワクチン普及が最重要ポイントだと思う。若者に対して、僕はずっと「半ば強制(接種を)」と言ってきたが、それは憲法上できない。日本の教育の結果、今の若者が自分の利益を第一に考えることは決して否定できない。であれば、その利益を見せてワクチンを打たせる。これにはいろんな意見がある。ワクチンを打った人だけ、例えばスポーツ観戦できる、あるいは店に行って酒を堂々と飲めるようにする。これに関しては、「差別につながる」という意見がある。しかし、「差別につながる」というきれい事の話よりも、やはり日本の国を守るために若者にワクチンを普及させること。利益と結びつけて、ある意味ニンジンをぶら下げて若者にワクチンを打たせることは、必要不可欠だと思う。

河野太郎規制改革相:
どこの国も接種率が6割くらいで、だいたい横ばいになっている。日本も「ワクチン打ってください」と言って、そこまではいけると思う。そこから先をどうするのかという議論はしていく必要はある。

橋下徹氏:
差別の話と、ワクチンを普及させる話と、両方実現できればいいが、政治は優先順位だ。どちらかを捨ててどちらかをとらなければいけない。僕は絶対ワクチンの普及率(を優先すべき)だと思う。差別ということを抜きにワクチンパスポートをフル活用してもらいたい。それを政治が決断してもらいたい。