コロナの影響,色濃く…愛知県全体で9年ぶり路線価下落 名古屋中心部で大きい下げ幅 熱田神宮周辺も
感染拡大… 新型コロナウイルス

コロナの影響,色濃く…愛知県全体で9年ぶり路線価下落 名古屋中心部で大きい下げ幅 熱田神宮周辺も

東海テレビ
東海テレビ
地域

熱田神宮や岐阜・高山市など…コロナ禍が観光地を直撃

この記事の画像(8枚)

新型コロナの影響で、愛知県の今年の路線価は9年ぶりに下落した。

名古屋国税局によると、相続税などの算定基準となる路線価は、愛知県がマイナス1.1%と9年ぶりの下落となったほか、岐阜県と三重県も12年連続の下落となっている。

いずれも、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による経済の落ち込みが原因とみられている。

中でも影響を色濃く受けたのが、名古屋市の中心部。

リポート:
大きく路線価が下がったのが、金山総合駅の南側にある飲食店などが立ち並ぶ繁華街のエリアです。ビルに入った飲食店の看板を見ますと、真ん中の辺りは白くなっています。空き物件があるようです

名古屋市中区栄3丁目の「大津通り」と熱田区金山町1丁目の「新尾頭金山線通り」では、下落幅が6%以上に。専門家は…

不動産鑑定士の小森さん:
緊急事態宣言、あるいはまん延防止措置によって、休業要請や時短要請で酒類の提供ができなかったり、時間制限があったり、飲食店が多い地域で特に影響を受けた

熱田神宮の目の前の「大津通り」では、マイナス3.4%の下げ幅になった。背景にあるのは、県外からの観光客が少なくなったことに加え、日本を訪れる外国人によるインバウンドの激減もある。

熱田神宮によると、2019年度の参拝者数は約720万人だったが、コロナ禍となった2020年度は約3分の1になったとのこと。

参拝者に愛されてきた「きよめ餅」を戦前から作り続けてきた老舗和菓子店でも影響があった。

きよめ餅総本家の担当者:
お正月は本当にすごく人が少なくて、ものすごく寂しかったです。3割4割ぐらいは減っているように感じております。しょうがないですね

観光客が多く訪れる岐阜・高山市の中心地、上三之町でも、2020年はプラス10%だったが、2021年はマイナス12.7%に。

観光地にとっては、まさに急転直下の下落となった。

(東海テレビ)

岐阜県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 三重県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×