故郷に根付いた商品を作りたい…「志摩あおさ豚」を使った絶品サンド

三重・志摩市の横山展望台は、英虞湾の絶景を一望できる人気の観光スポット。
その絶景を眺めながら食べることができる、地元の食材を使ったサンドイッチが人気だ。

この記事の画像(9枚)

三重・志摩市には、日本有数のリアス式海岸の英虞湾に浮かぶ小島と、美しい海と緑が一望できる「横山展望台」がある。その眺望は、まるで空を飛んでいるかのような景色だ。

展望台にある「横山天空カフェテラス ミラドール志摩」。

この店のおすすめメニューが、“志摩あおさ豚”を使った「横山天空サンド」(500円)。

2年前に志摩ブランドとして認定された「志摩あおさ豚」。

志摩市を盛り上げようと「故郷に根付いた商品を作りたい」と、地元の精肉店が開発した。

収穫量全国トップを誇る「あおさ」を粉末にし、飼料として与えた。

すると、ビタミンやカルシウムが豊富で甘みのある豚肉になった。

まろやかで脂もさっぱりとしたあおさ豚にかかっているのは味噌。あおさの香りと味噌の甘みは相性抜群だ。

絶景を望みながらいただく「天空サンド」は贅沢な時間だ。

(東海テレビ)