コロナ禍の「父の日」…おうち時間を楽しめるように変化

この記事の画像(6枚)

6月20日は「父の日」。
コロナ禍の中とあって、2021年は「おうち時間を楽しめるプレゼントが注目を集めそうだ。

ジェイアール名古屋タカシマヤの各売り場で"父の日ギフト”が並ぶ中、よく売れているのが真空パックに入れられた「うなぎのかば焼き」。

さらに、ネクタイのパッケージに入れたお洒落な「ようかん」は、あんにブランデーが入っている。

他にもパパの顔が描かれたホールケーキや、「ありがとう」の言葉とヒゲがデザインされたロールケーキなども人気を集めそうだ。

最近、増えているという「料理パパ」にはこれ。お父さんが使いやすい工夫がされたエプロンだ。
着丈を長くしてあって、大きなポケットが着けられている。

ジェイアール名古屋タカシマヤの担当者:
コロナ禍で父の日のギフトも変化しておりまして、今年(2021年)はおうち時間を楽しめるグッズが人気ありますね。コーヒーを作るグッズですとか、お料理をする方も増えましたのでエプロンなど、そういったものが人気がございます

タカシマヤでは、6月20日まで「父の日ギフト」を展開している。

(東海テレビ)