この記事の画像(7枚)

岐阜・大垣市の名物で、夏の風物詩「水まんじゅう」。
これを自宅で簡単に作ることのできるキットの販売が、期間・数量限定で始まった。

蒸し暑い日にうれしい、ぷるぷると見た目にも涼やかな「水まんじゅう」。地下水が豊かな大垣市の夏の風物詩だ。

その水まんじゅうを自宅で作ることができるキットを、江戸時代から続く老舗和菓子店「つちや」が手掛けた。

御菓子つちやの担当者:
コロナ禍でおうちで過ごす時間が多くなり、ご家庭で手軽に楽しんでいただけるもので、作る楽しみ、食べる楽しみ、どちらも味わっていただきたいと思って考えました。失敗しないキットになります

キットの中身は、水まんじゅうの粉に、こしあん、このキット特製のいちごあん、成型するための容器、それにペットボトルに入った大垣の自噴水。

まず、あんこを5等分にして丸めて下ごしらえを終えたら、砂糖と水まんじゅうの粉をよく混ぜる。鍋に水を入れて混ぜた粉を少しずつ加え、水と粉がよく混ざったら火にかける。

3分後、ふつふつとしてきたところで、底が焦げ付かないように木べらで7分混ぜ続けると、透明なのり状に。
付属の容器に流し込んで最初に丸めた餡をいれたら、冷蔵庫で約2時間冷やし固めて完成。

御菓子つちやの担当者:
(1つのキットで)10個作ることができるので、1人、2つ3つは食べていただけるかと思います。お子さまとお父さん、お母さんで楽しんで作っていただければと思います

水まんじゅうキットは、8月末まで期間・数量限定して販売され、つちやの店頭やHPで買うことができる。

(東海テレビ)