人気漫画「ベルセルク」などで知られる漫画家の三浦建太郎さんが、5月6日、急性大動脈解離のため、亡くなっていたことが分かった。54歳だった。

三浦建太郎さんは、1989年から代表作の漫画、「ベルセルク」の連載を30年以上にわたって続けていたが、2021年1月を最後に休載していて、5月6日に亡くなった。

「ベルセルク」 ©三浦建太郎
この記事の画像(2枚)

漫画を掲載していた白泉社はホームページで「三浦先生の画業に最大の敬意と感謝を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします」とコメントしている。

告別式は家族によって行われ、お別れの会などは未定という。

(三浦健太郎さんの写真 撮影:佐治純一)