開店前にすでに行列…「客第一主義」掲げて人気の激安鮮魚店

名古屋市緑区に新鮮な魚が安いと評判の鮮魚店がある。
旬のハマチが一本324円、高級魚として知られるキンキが一本378円など、値打ちな商品が並ぶ。

「客の笑顔が店の利益」と語る、この道40年の店主の元には、遠方から多くの客が訪れる。

この記事の画像(15枚)

名古屋市緑区。国道302号線、滝ノ水橋東交差点のそばにある激安の鮮魚店「ナルミ杉本」。
看板には「超、超、超 安い」「漁師さん泣かせの店」の文字。客が絶えない人気店だ。

店主はこの道40年の杉本貞夫さん(66)。杉本さんの信条は「客第一主義」。「一番大事なことはお客さんの笑顔。それが本当の店の利益」と杉本さんは話す。

3月13日土曜日、午前8時半。杉本さんが仕入れから戻ると、店にはすでに大勢の客が待ち構えていた。荷下ろしを済ますと、杉本さんは次々と値付けをしていく。

杉本さん:
モガレイ。よそに行けば一匹1300円はするわ。今日安かった、これ買って行きや

このカレイに付けた値段は一枚540円。他店の半額以下だ。旬のハマチは一本324円。生のホタルイカが1パック410円と、高級魚から大衆魚までどれも一般的なスーパーの半値の安さだ。

コロナの影響さほど受けず…助けになればと値下げし「社会貢献」

午前9時開店、大勢の客が店内へ。次々と魚を手にしていく。

女性客:
カツオとハマチを、頑張って捌こうかと。すごく安くてびっくりしました

男性客:
ブリとホタルイカとサバとイカ、めちゃ安かった。これだけ買えて5000円ぐらい

初孫のお食い初め用の豪華な船盛りを受け取りに来た人もいた。

男性客:
1万2000円。食べ切れないですよね

ちなみにこのボリューム満点の船盛りは、他の店で注文すると2万円はするとのこと。事前に予約すれば、刺身の盛り合わせなどの注文も可能。
客の中には飲食店の経営者も…

飲食店を営む男性:
一般の半分ぐらいの値段で買えるので、その分お客さんに還元できて、とても助かっています

プロも認める安さ。この日はあいにくの雨だったが、それでも次々に客がやってきた。

幸い店はコロナの影響をそれ程受けずに済んだ。杉本さんは少しでも客の手助けになればと、2020年3月から元々安い価格から更に5分~1割値下げした。「儲けが少なくなったけど、これは社会貢献」と杉本さんは割り切る。

杉本さん:
とにかくいいものを安く売る。言い換えれば高級魚を大衆魚の値段で売る

全てはお客さんの笑顔のためだ。

余った魚を徹底的に“値切りたくる“…独自で編み出した「仕入れノウハウ」

19歳でこの世界に入った杉本さんは、魚を安く仕入れるノウハウを独自で編み出した。そのテクニックが…

杉本さん:
(市場で)残ってるヤツ(魚)を、値切るんじゃないよ、値切りたくって買うのがウチの商売

余った魚を上手に見つけ、それを徹底的に値切って仕入れている。仲買人がどうしても売り切りたい魚が残ってしまった時には、付き合いで購入し、手を差し伸べる。杉本さんは「仲買さんとの連携、人間関係が大切」と話す。

仲買人との信頼関係で、他よりも安い仕入れを続けてきた杉本さんは、いつしか「安さ」に生きがいを覚えるようになった。「安売りのプライドがある。“ネットで日本一安い魚屋”で検索すると、ナルミ杉本と出る。最高だよ」と誇らしげに話す。

切り落として即値付け…普段より更に値打ちの人気イベント「マグロ解体ショー」

3月13日土曜日の午前11時。
店の中央に人が集まってきた。毎週土日に開かれる人気イベント「マグロの解体ショー」だ。

杉本さん:
いくぞ、1200円。900円。1200円

杉本さんが解体した身の部位と量を見て、即座に値付け。手を挙げた客が、次々と購入していく。普段でも十分お値打ちなのだが、この日は更に安くなるため、多くの人が詰めかける。

そしてもう一つ楽しみが…。500円以上買った人は、さらにマグロがもらえる「じゃんけん大会」に参加できる。

このショーはもともと日曜のみの開催だったが、客が殺到しないよう規模を縮小。今は土日の2日間で開催している。結局、この日は午後1時半に完売。閉店となった。

店をもう1軒出したりなど、まだまだやりたいことがあると語る66歳の杉本さん。これからも夢を追いかけつづける。

(東海テレビ)