東京五輪・パラリンピックは開催できるのか。2日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」で、レギュラーコメンテーターの橋下徹氏は感染状況が「ステージ3、ステージ4で(五輪を)やると言ったら、絶対国民は納得しない」「政治の責任で『ステージ3、4だったらやめる』と勇気をもって言わないと、国民はついていかない」と持論を述べた。
これに対して、自民党ワクチン対策PT座長で、党東京都連会長の鴨下一郎氏は「科学・医学の粋を集めながらやる」「(管理された)別のエリアの中で行うから、選手らが感染の中にさらされている訳ではない」と述べた。
また野球・ソフトボールやセーリングなどの競技会場となる神奈川県の黒岩祐治知事も「選手やチームを完全に隔離した形で、競技することができれば(大会は)できない話ではない」と述べ、橋下氏に反論した。

以下、番組内での発言。

鴨下一郎氏:
6月までの感染状況でありますけれども、政府、あるいは各自治体の努力によってそれなりにコントロールできるかどうかということでありますから、6月判断というのは、私は妥当だと思います。
加えて、この番組の冒頭で、クルーズ船(=陽性者が判明した飛鳥II)の中での健康管理っていうのがありましたけれども、それの少し拡大したのが、オリンピックの管理だと思います。
したがって、できないわけではない。PCR検査あるいは抗原検査を駆使して、なおかつ隔離をきちんとして、選手の健康を保って、そして目的を達すると。医学と科学の粋を集めながらやると。オリンピックは、日本の科学・医学の象徴で実行できると、こういうようなことをしっかりと、関係の人たちは頑張ってもらいたい、こういう風に思います

橋下徹氏:
でも鴨下さん。例えば、6月の判断時期、僕は6月が遅いと思うのですが、ここは置いておいて6月としましょう。でも、その時に東京がステージ3だったらこれは、できないですよね。そこを政治がやっぱり言わないから、これステージ3、4でもやるんですか?

鴨下一郎氏:
いや、ステージ3でも4でもですね。オリンピックの大会の管理というのは、別のエリアの中で、別にやるわけですから、その全員が感染の中にさらされているわけじゃありません

橋下徹氏:
休業とかこれが続いている中で、飲食店も、テーマパークも、エンタメ業界の人も、みんな生活が苦しい。そういう状況の中でオリンピックをやろうとこれ、政治が言うんですか?
黒岩さん、ステージ3、4でオリンピックやるっていう、鴨下さんの話に納得されますか

黒岩祐治氏:
選手やチームを完全に隔離した形で、しっかりと安全に形で移動し、競技をすることが完璧にできれば、できない話じゃないと思います

橋下徹氏:
ステージ3、4でやるって言ったら絶対、国民は納得しないですよ。政治の責任で「ステージ3、4だったらやめる」ってことは、ある意味、勇気を持って言っていただかないと、国民はついていかない

鴨下一郎氏:
橋下さんの「ステージ3、4でやる、やらない」という話の真意は、ステージ3とか、2にしっかりとコントロールしろと。こういうようなことをおっしゃっているのだろうと思います。(大会まで)まだ5月、6月と2カ月ありますから、この中で、しっかりとそういうこと(感染抑止)をやりながら、最終的に、オリンピックができるような状況を作れと、こういう意味においては、私も全く賛成であります

橋下徹氏:
でも鴨下さん、ステージ3、4のときにやるって言われてしまうと、国民大多数は、絶対にそれは許さないと思います

松山俊行キャスター:
最後は総合判断になるのかもしれない

橋下徹氏:
総合判断というのが一番いい加減ですよ