選挙戦始まる! 実質の一騎討ち…両候補の“告示日”を追う

この記事の画像(7枚)

25日投開票の名古屋市長選挙。現職の河村たかしさんと、新人の横井利明さんとの事実上の一騎打ちだ。告示日の2人を取材した。

まず向かったのは、新人で元市議会議員・横井利明さんの出陣式。名古屋市中区・伏見駅の近くには多くの人が集まっていた。

自民・公明・立憲・国民、それに共産まで、主要な政党が支援する横井さん。応援しようと各政党の議員が駆け付けていた。

一番盛り上がったのは、公約にあげた1人2万円の商品券配布。

横井氏:
1人2万円の商品券を配布する、こんなお約束をさせていただきました。今 名古屋市には、2754億円の貯金があります。貯金を貯めているだけでは誰も助からないんですよ

Q.選挙戦が始まりましたが、どんなお気持ちですか?
横井氏:

「名古屋が変わる」が実現できるように、とにかくこの選挙戦を戦わなきゃいかんと思っていて、非常に緊張してます

組織力を生かし、支持拡大を図っている。

対する現職の河村たかしさんは、中区・大須の公園で出発式。

河村氏:
河村さん対…どうなった?自民・公明・民主・共産党も一緒になっとるがや。河村打倒のために。なんかそうも恨まれるかな、これ。なんか悪いことやったんかな

集まった人は、横井さんと比べると随分少ないように感じたが…

河村氏:
酒飲まな、やっとれんよ。正しく発音せないかんよ。ヒャーボールといいますから

「河村節」で、集まった人との距離感の近さが感じられた。

河村氏:
減税を毎年100億円ずつ、ずっと続けとるんですよ。日本でただひとつの減税の自治体ができたということですよ、これ。えらいもんだわ、市役所の職員もほんとに

強くアピールしていたのは、自らが成し遂げた市民税の減税だ。

Q.選挙戦が始まりましたが、どんなお気持ちですか?
河村氏:

そりゃまあこれでね、お世話になりましてありがてゃーと。総決算です。精いっぱいやると、やるしかないで

演説後は、定番の自転車で街頭へ…

初日の演説を見ても、違いが際立っていた2人。

市長選にはこのほか、いずれも新人の押越清悦さん(62)と太田敏光さん(72)も立候補。

投開票は4月25日。

(東海テレビ)