ラーメン店経営者「テイクアウトで何かを」…10月に始めた「フルーツ最中」店が大ヒット コロナ禍にあった商機
withコロナ時代の地元ビジネス

ラーメン店経営者「テイクアウトで何かを」…10月に始めた「フルーツ最中」店が大ヒット コロナ禍にあった商機

東海テレビ
東海テレビ
国内

見た目からSNSで話題に…その時季に旬な果物を使った鮮やかなフルーツ最中

愛知県知立市に2020年10月にオープンしたばかり和菓子店。ここが売り出した「フルーツ最中」は、パリパリの最中に求肥が敷かれ、その上に2種類のあんこと、新鮮なフルーツが盛られている。新感覚のこの最中が、今、女性たちの人気を集めている。

この記事の画像(22枚)

愛知県知立市にある「フルーツ最中 十み果(とみか)」。
店頭には、その時季最も旬なフルーツを使った、常時10種類のフルーツ最中が並ぶ。

お皿のようになった白やピンクの最中の上に、バナナやリンゴなどが練りこまれた2種類のあんこと、イチゴやメロン、ブドウなど旬なフルーツが乗り、色鮮やか。

女性A:
見た目、すごく可愛かったです。いろんな種類があって

女性B:
写真の撮り甲斐がありそうだなと思いました

その見た目からSNSで火がつき、女性を中心に話題となっている。

パリパリ感にこだわり最中は個別包装…つぶして食べて独特の食感を楽しむ

開店前の午前8時。店では果物の盛り付けをしていた。最中の皮の上に、求肥にあんこ、そしてフルーツを乗せ、もう1枚の皮は横に据える。

最中は、そのまま上に被せるとフルーツから出た水でパリパリ感が損なわれるため、個別包装している。手間はかかるが、こうすることでフルーツのジューシーさと皮のパリパリ感の両方が楽しめる。

開店前から店先には列ができ、午前10時に開店すると、続々と人が入ってくる。先頭に並んでいた女性は、18個も購入した。

先頭に並んだ女性客:
先日来たんですけど、もう完売で悔しくて。今日頑張ってきました

女性客C:
和洋折衷な感じで、楽しいかなと思って

リピーターの女性客:
フルーツは新鮮、ジューシー。フルーツだけではなくて、最中の味とあんこの味が生きているというか

見た目が美しいフルーツ最中だが、このままだとかぶりつけないため、食べる時は上下につぶして食べる。

少しもったいない気もするが、そうすることでフルーツとあん、求肥、最中が一体となり、独特の味わいと食感を楽しむことができる。

人気No.1は「いちご」の最中…バナナあんと合わさると酸味が薄れ甘い味わいに

今の時期の人気ベスト3を聞いた。

第3位は「マンゴー」(550円)。
合わせるのは、ミルクあんとつぶあん。ミルクを練り込んだあんことマンゴーが合わさることで、まろやかな甘みになる。

第2位は、長崎のブランドフルーツ「恋みかん」(550円)。
ピーチあんと白あんを組み合わせ、2つの甘さが相乗効果を生み出す。カクテルのファジーネーブルをイメージして作られた。

そして、第1位は「いちご」(550円)。
旬のいちごに「バナナあん」と「きなこあん」の組み合わせ。いちごにバナナのあんが合わさると、意外にもいちごの酸味が薄まり、甘味が強調される。きなこの香りが「和」を生み出す。

店長:
フレッシュなイチゴと、バナナあん、きなこあん。どれもはずせない。三位一体だからこそ、味わえる最中

さらに、2021年1月に新商品「フルーツきんつば」(1個260円)が誕生した。フルーツを、2種類のあんこと一緒に包んだ。

最中と同じく色鮮やかで、見ているだけでも楽しい和菓子だ。

元々はラーメン店を経営…コロナ禍で“テイクアウトできる”最中へ事業転換し成功

行列のできる人気店となった「フルーツ最中 十み果」だが、店のオープンには新型コロナの影響があった。オーナーの富山貴史さんは、ラーメン店を経営をしていたが…。

オーナーの富山貴史さん:
コロナの中、飲食店だけをやっていくより、もう1つテイクアウトを使った何かをやろうと考えて…

結局ラーメン店を閉めた富岡さんは、自らが好きでテイクアウトができる和菓子に着目。韓国の「トゥンカロン」というカラフルな菓子をアレンジして「フルーツ最中」を考案した。

提供するものは、ラーメンから和菓子へと大きく変わったが、食べ物を扱うことに変わりはなく、店のオープンはスムーズにいった。逆に、想像以上の反響に当初、戸惑ったという。

富山さん:
予想以上の反響でして…。皆様にすごく来ていただいて、ありがたいんですけど…

殺到する客に、商品の製造が追いつかず…。嬉しい悲鳴が続いている。

正午。結局この日は、昼に完売。手作りのため作れる数に限りが。その分、1つ1つにまごころを込めて…。

オーナーの富山さんは、「コロナ禍で大変な状況だからこそ、フルーツ最中を食べて少しでも幸せな気持ちになってほしい」と話す。

「フルーツ最中 十み果」は、愛知県知立市。

(東海テレビ)

愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

withコロナ時代の地元ビジネスの他の記事

商店街に「天の川」をつくった男性 みんなの願いを短冊に…コロ…

商店街に「天の川」をつくった男性 みんなの願いを短冊に…コロ…

話題
名物喫茶が復活! 父から子へ受け継がれるコーヒーの味…店主が…

名物喫茶が復活! 父から子へ受け継がれるコーヒーの味…店主が…

地域
通販開始が“第1波”と偶然重なる…「冷凍ぷりんソフト」客激減…

通販開始が“第1波”と偶然重なる…「冷凍ぷりんソフト」客激減…

国内
「宮崎は手羽先もおいしいと広まって」都城市の逸品が日本一の手…

「宮崎は手羽先もおいしいと広まって」都城市の逸品が日本一の手…

話題

"1泊1人2800円”札幌市民限定で半額…コロナ禍のターゲットは「…

国内
「漁具倉庫」や「温泉付き社員寮」…地方の使われない建物が次々…

「漁具倉庫」や「温泉付き社員寮」…地方の使われない建物が次々…

話題
一覧ページへ
×