この先、天気の変化が激しくなりそうですが、この時期に気を付けたい「春の5K」をご存じでしょうか?

この記事の画像(11枚)

動物の赤ちゃん続々!気温差対策も

春の訪れが近づくと共に、動物たちが出産シーズンを迎えています。

熊本県の阿蘇ミルク牧場で2021年2月に生まれた子牛です。そんな子牛達が人間と同様に困っているのが「気温差」だそう。

こちらの牧場では、洋服を着せてあげたり、上からヒーターを当ててあげたりして、気温差対策をしているそうです。

映像:マザー牧場

千葉県のマザー牧場では、2月14日に羊の赤ちゃんが生まれました。翌日15日に撮影された映像では、羊の赤ちゃんの足元におがくずや藁が敷かれている事がわかります。冷たくなった地面に直接触れて、体温が奪われないように対策しているそうです。

「春の5K」に要注意!

動物たちも出産シーズンを迎えている春への切り替わりのこの時期、こんな言葉があります。「春の5K」です。

5つのKがさしているのは、「寒暖差」「乾燥」「花粉」「強風」「黄砂」のこと。では今日2月23日は「春の5K」の何に気を付けたらいいのでしょうか。

23日に注意したいのは、4つ。「寒暖差」「乾燥」「花粉」「強風」です。黄砂はきのう22日の夜までは影響があったのですが、23日には抜けてきそうです。

東京は寒くても花粉大量飛散

東京の例で見ていきましょう。

23日の昼頃にかけては、空気が乾燥して湿度は25%まで下がる予想です。

最高気温は16℃予想ですが、風が強く、体感温度は10℃くらいに。そして、この風に乗って午後3時ごろにかけて、花粉もかなり多く飛散しそうです。

夜になると気温が一気に6℃まで下がります。北風により、風冷えとなりそうです。きょう23日の東京は、昼間はまだ我慢ができても、夜はまだ真冬だと思ってお過ごしください。

あまダネ!では、みなさんから『季節の絶景動画や写真』のほか『不思議な現象を捉えた写真』『お天気のギモン』などを募集しています!公式ツイッターで「#あまダネ」をつけて投稿頂くか、公式HPまでお寄せください。

(とくダネ!『あまダネ!』2月23日放送)