本殿は線路の向こう側…岐阜・岐南町の「八剣(やつるぎ)神社」

岐阜・岐南町に、参道をJRの線路が横切るような形の、少し変わった神社がある。

岐南町みやまちの住宅街にある「八剣(やつるぎ)神社」。
立派な鳥居をくぐると、両脇には灯篭がずらりと並んでいるのだが…。

この記事の画像(6枚)

進んだ先は参道が途切れていて、道路とJRの線路が横切っている。

神社の本殿は、実は線路を挟んだ反対側に…。近くの踏切を渡り、ぐるっと回ると、そこに参道の続きがあった。

明治時代、東海道本線の開通に伴い、八剣神社が参道の一部を国に譲渡。

そのため、線路が参道を横切る形になったそうだ。

全国でも珍しい光景が、岐南町にあった。

(東海テレビ)