30日、長野県は新たに17人が新型コロナウイルスに感染したことを発表しました。このうち4人は松本市の相澤病院の入院患者で、きのう29日発表の1人と合わせ、5人の集団感染が発生したとみられています。

県によりますと、松本市の相澤病院で入院中の60代男性(安曇野市)、50代男性(塩尻市)、60代男性(松本市)、30代男性(松本市)の4人の感染が確認されました。また29日発表の松本市の90代男性は相澤病院に入院していて、退院後の27日に発症し、その後、陽性と判明したということです。合わせて5人の集団感染とみられ、病院が接触状況を調べています。調査対象は患者、職員など数百人規模に上るということです。

この他、上田市5人、佐久市4人など13人の新規感染がわかりました。

また入院していた80代女性が28日に死亡したことも発表されました。基礎疾患があったということです。感染者の死者は15人となりました。

県内の感染者の累計は1163人で、144人が療養中です。