ロッテ佐々木朗希投手(19)が14日、来季の契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1,600万円でサインした。(金額は推定)

最速163キロ右腕として注目を集めた佐々木。5月26日にはプロ初のシート打撃に登板し、プロ入り後最速の160キロを2度マーク。開幕後は出場選手登録はしないで1軍に同行するという、異例の形で体作りに励んだ。
10月末まで首脳陣の管理のもと、多くのことを学んだが、実戦登板は来年に持ち越しとなった。

そんな佐々木が選んだ来年の漢字は「
「また新たな出ということで、一軍で先で投げて、自分の力を揮したい」と意気込んだ。

今年の漢字一文字には成長の「成」をあげた“令和の怪物”が、2年目の来季に成長ぶりを発揮する。