大人顔負けの技術も、その素顔は…

5月11日と12日の2日間、新潟県で行われたスケートボードの日本代表・強化指定選手を決める大会。

その舞台で、大勢の報道陣に囲まれていたのは、名古屋の中学1年生、織田夢海(おだ・ゆめか)選手(12)。

大人顔負けのテクニックで世界選手権にも出場した日本のトップボーダーの一人だが…。

12歳にして世界選手権出場の経験も
この記事の画像(7枚)

(3月の取材時)
Q.オリンピックは何年に1度か知っていますか?
織田選手:
「1年?次、2020年でしょ。2020年しかわからない!」

 “マイペース”の中学生だ。

五輪へ…12歳で抱える重圧の大きさ

技の難易度や完成度などを審判が採点するスケートボード。

織田選手が出る種目、「ストリート」では45秒間に何度でも技にトライできる「ラン」と、一発の技を見せる「ベストトリック」、合計7本を滑り、上位4本の合計点で競う。

織田選手は大会の10日前、5月1日から会場に慣れるためにゴールデンウィークもずっと新潟で練習してきた。

選考会に向け10日前に新潟入りし調整する織田選手

満を持して挑んだ大会…。

しかし準決勝では思わぬミスを連発。ラスト1本、「決めなければ敗退」というピンチにまで追い込まれたが、最後はしっかり着地。

この日の自己最高点をマークし、逆転で決勝進出を決めた。

試合後、家族の元へ戻ると、涙を流した織田選手。

家族の元に戻ると…

織田選手:
「全然練習とかでも決められなかったから、本番で決められてうれしかったから、涙がでました。これを成功させないと無理かなと思って」

オリンピックへ向けた大事な一戦で、織田選手は大きなプレッシャーと戦っていた。

“車”に泊まって、いざ決勝へ

その夜、会場を出た織田選手が向かったのは駐車場…。

織田選手:
「このあとはお風呂…行ってからのご飯」

Q.寝る場所は?
「車で寝ます」

新潟滞在中の10日間のうち半分ほどは「車中泊」の織田選手

新潟は、10泊のうち半分ほど車に寝泊まりしていたという織田選手。

Q.しんどくないですか?
織田選手:
「いや、全然大丈夫!おやすみなさい」

夜が明け、迎えた決勝当日…。

戦うのは14才や、まだ小学生の10歳など同年代のライバルたち。

序盤、技を確実に決め、得点を重ねる織田選手。5本目には、大きく飛び上がりながら板を1回転させ着地する大技を成功させた。

しかしライバルたちも譲らず、ラスト1本を残して織田選手は3位。

最後は逆転優勝を狙って、大技に挑戦したが、惜しくも着地に失敗。

織田選手は、得点を伸ばせず3位、しかし3枠しかない強化指定選手の座を勝ち取った。

見事“強化指定選手”に!目指すは“4年に1回”の晴れ舞台

3枠しかない強化指定選手を勝ち取った織田選手

織田選手:
「悔しかった。オリンピックまでにもっと練習して、成功率をあげられるように頑張りたい」

Q.オリンピックが何年に一度かわかりますか?
織田選手:
「もうわかった(笑)。4年に1回!」

初めての重圧と、苦い悔しさ…。すべてを糧に、夢の舞台へ。

(東海テレビ)

【関連記事:日本各地の気になる話題はコチラ】