低カロリー&高タンパクで女性に人気

低カロリーで高タンパク、さらに環境に優しいと女性に人気の”代替肉”。
それが、ますます広がりを見せている。

10月24日土曜日、東京・東京・渋谷区の焼き肉店で、あるキャンペーンが始まった。
店内は、順番を待つ客でいっぱい…満席になっている。

この記事の画像(18枚)

"おひとりさま焼肉”が人気の「焼肉ライク 渋谷宇田川店」で出されたのは…

焼肉ライク・店員:
こちら、大豆を使用したフェイクミートとなっておりますのでお試しください

なんと、大豆で作られた”フェイクミート”…代替肉だ。

10月中、焼肉のセットを注文した客に無料で代替肉を提供するキャンペーン。

その味は…

10代・女性:
ほとんど肉に近い感じです

20代・女性:
すごいお肉お肉って感じでした

「本物の肉と変わらない」と評判は上々だ。

代替肉を提供したのは、ネット販売の「ネクストミーツ」。
9月は「カルビ1.0 80g×5」1950円(税込み) と「ハラミ1.0 80g×5」1950円(税込み)の焼肉シリーズが3万食近くも売れ、現在あまりの人気で1週間待ちだそうだ。
代替肉を使った牛丼も開発した。(「ネクスト牛丼 120g×5」2250円 ※税込み)

「罪悪感なく食べられる」

いまなぜ代替肉が人気なのか。

10代・女性:
脂もそんなに感じなかった

20代・女性:
罪悪感なく食べれる

20代:女性:
ヘルシー感がすごくある。大豆は(体に)良いですもんね

人気の秘密は「健康志向」。
大豆で作られた代替肉は”低コレステロール”で”低カロリー”。
良質なタンパク質も豊富なため、健康や体重を気にする女性たちから注目されている。

研究の成果で「おいしさ」も

さらに…

20代・女性:
普通においしいよね、おいしい

70代・女性:
こんなにおいしいなら食べられる

20代・男性:
脂身みたいのがなくて、すごい食べやすかった

次に、人気の秘密は「おいしさ」。
近年の研究開発で、格段に代替肉の食感や味が向上。
スーパーのイトーヨーカドーは、2019年大豆ミートの専用売り場を設置した。

食肉最大手の日本ハムも、3月から大豆由来のハムタイプやハンバーグなどの販売を始めるなど、代替肉の国内市場は拡大傾向にある。

また、代替肉を看板メニューにした喫茶店も登場した。
7月にオープンした東京・中央区東銀座にある「コメダイズ」。
あのコメダ珈琲が提案する、植物由来の食材しか使わない喫茶店だ。
コメダの伝統、ボリュームたっぷりは変わらずで…「アボ照りバーガー」(1280円 ※税込)

女性2人組み:
すごく大きい!

女性3人組:
すごいボリューム

通常のコメダ珈琲のお客さんは女性が6割だが、コメダイズはさらに女性の割合が増して7割を占める。

コメダ珈琲といえば、デニッシュパンの上にソフトクリームをのせた「シロノワール」が有名だが、コメダイズのメニューにはない。
代わりに、コメダ珈琲にはない米粉と小麦粉をブレンドしたモッチリ食感のパンケーキ「コメパンケーキ もっちりフルーツ」(1360円 ※税込)がある。

また、「ベッピンバーガー」など、バーガー類に使用するのは大豆でできた肉。
「大豆ミートのボロネーゼ」(1240円 ※税込み)のミートソースに使われるのも、大豆のひき肉だ。

値段はコメダ珈琲よりも高いメニューがほとんどだが、多くの女性リピーターをつかんだそう。

40代・女性:
このお店、何を選んでも植物性っていうのがすごく魅力的。
お肉を食べる人もおいしく食べられる

60代・女性:
メニューが豊富っていうことも、やっぱり女性にはうれしいですよね

昔に比べて肉に近くなっている

イットのスタジオでは…

佐々木恭子アナウンサー:
加藤さんは、もともとフェイクミートに詳しいんですよね

加藤綾子キャスター:
そうなんです。私もともと食物アレルギーがものすごく多かったので、小さい時から大豆ミートっていうのは食べてたんですけど、なかなか身近なお店になかったんですよ。
だから、いまこうやって身近な店ですぐ食べられるっていうのはうれしいです。昔よりもずっとクオリティが上がっておいしくなっています

佐々木恭子アナウンサー:
やっぱり、いまの代替肉は食感とかも違うんですか

加藤綾子キャスター:
本当にお肉に近くて、唐揚げとかもそうですけど、大豆ミートで作ってもとってもおいしいです

佐々木恭子アナウンサー:
レパートリーも増えてますもんね。
私はつい油が大好きで、お肉が好きですが、試してみたいと思います

加藤綾子キャスター:
でもやっぱりお肉もおいしいですよ。今は食べられるので本当のお肉も食べてます

佐々木恭子アナウンサー:
時と場合によって、気持ちによって選べるというところが幸せですね

(「イット!」10月28日放送より)

イット!
イット!
メディア
記事 1661