雌だけで繁殖するトゲナナフシの雄を発見

小学6年生の少年が専門家も驚愕する超レアな昆虫を発見した。体中にトゲがあるトゲナナフシは、雌単体で卵を産む「単為生殖」で繁殖するため、雄の発見例は国内でわずか2例しかないという。
こうした中、愛知県田原市に住む小学6年生の森下泰成君が飼育していた約100匹のトゲナナフシの中から、なんと雄のトゲナナフシを見つけたのだ。

※雄のトゲナナフシ(画像提供:森下泰成)
※雄のトゲナナフシ(画像提供:森下泰成)
この記事の画像(6枚)
森下泰成君と雄のトゲナナフシ(画像提供:森下泰成)
森下泰成君と雄のトゲナナフシ(画像提供:森下泰成)

そもそも泰成君のトゲナナフシの飼育は小学1年生の時に始まった。昆虫キャンプに参加した際に、そこで捕まえたカミキリムシとスタッフが持っていたトゲナナフシを交換。そして、トゲナナフシが雌単体で繁殖することを知り、1匹から子孫を増やしていこうと飼育を始めた。

飼育の様子(画像提供:森下泰成)
飼育の様子(画像提供:森下泰成)

今年の1月には、トゲナナフシを100匹以上ふ化させ、7月6日に他の個体と比べ小さいトゲナナフシを見つけた。雄じゃないか?と思った泰成君は、雌と一緒にプラスチックのケージに移し、観察を続けた。
この時、雄だと思われるトゲナナフシに、体が細いことから「ポッキー」と名付けた。そして7月上旬には、雌と交尾している様子も見られたため、泰成君は雄であることを確信したという。

その後、ポッキーの元気がなくなったため、岐阜市の名和昆虫博物館に連絡し、7月21日に寄贈した。同館では翌日から公開しており、名和哲夫館長自身も、雄のトゲナナフシを見るのは生まれて初めてだったという。

専門家もびっくりするような発見をしたわけだが、発見者の小学6年生森下泰成君はどんな“虫博士”少年なのか?他にどんな生き物が好きなのか?まずは本人に詳しく話を聞いてみた。

どうしようと思ったし、わくわくした!

――ナナフシに興味を持ったのはいつごろ?

小学1年生の時、昆虫を捕まえる昆虫キャンプに行きました。その時に僕が捕まえたカミキリムシと、主催者さんのサポートをされているスタッフの方とトゲナナフシを交換したのがきっかけです。虫はそれよりも前から好きでした。
交換した1匹のトゲナナフシの飼育を始めて、最初の年は100個くらい卵を産んだけど、30匹くらいしかふ化しませんでした。それからも毎年、育てていって、だんだんふ化する確率も上がっていきました。今年の1月には、100匹くらいふ化させることができました。


――トゲナナフシの雄にはどうやって気づいた?

ちょっと大きくなって、1匹だけ細長くて体も小さく明らかに違うやつがいたんです。これは明らかに違うだろうってことで、きっと雄だろうと思いました。


――トゲナナフシの雄を見つけた時の気持ちは?

単純にうれしかったし、どうしようと思ったし、わくわくした。
貴重なナナフシだし、みんなに見てもらわないともったいないと思って、さみしいのもあるけど、みんなに見てもらいたいと思いました。


――トゲナナフシに名前は付けた?

見つけた時に細くて、他のナナフシよりおいしそうだったから、ポッキーと名付けました。
あと1匹、ポッキーと交尾しそうなナナフシがいて、マッキーのペンで印を付けたので、マッキーという名前にしました。

飼育の様子(画像提供:森下泰成)
飼育の様子(画像提供:森下泰成)

シロスジカミキリが一番好き

――なぜ昆虫館に知らせた?

飼っていたら元気がなくなってきたので、死んじゃうかもしれないと思い、鑑定してもらうことにしました。


――家では他にはどんな生き物を飼っている?

自分で捕まえたノコギリクワガタやヒラタクワガタやタマムシ。虫じゃないけど、金魚、メダカ、猫もいます。


――ナナフシ以外には、どんな虫が好き?

トンボのヤンマ系、オニヤンマ、ギンヤンマとかカミキリムシも好きです。


――一番好きな虫は何?

シロスジカミキリが一番好きです。1回、英会話に行く途中にシロスジカミキリの死骸が落ちてて、標本にしました。それから1度も出会えてなくて、かっこいい虫というか、堂々としているところが好きです。
 

将来の夢は魚の研究者になること

――今年の夏休みの自由研究は何をする予定?

ナナフシは桜の葉っぱを食べるのは有名だけど、それ以外にもカクレミノ、ギシギシ、ヤツデとかも食べます。自由研究は、まだやってないけど、ナナフシの食草を調べる研究をやりたいと思っています。


――将来の夢は?

僕は日本さかな検定1級に最年少で合格していて、魚と虫両方好きなんですよ。将来は虫じゃないけど、魚の研究者になりたいです。

※日本さかな検定1級認定証を持つ泰成君(画像提供:森下泰成)

泰成君がかなりの虫好きということはわかったが、意外にも将来の夢は魚の研究者だった。
続いて、名和昆虫博物館の名和哲夫館長にも、今回の発見について聞いてみた。

名和昆虫博物館 名和哲夫館長(画像提供:名和哲夫)
名和昆虫博物館 名和哲夫館長(画像提供:名和哲夫)

館長「見たくてたまりませんでした」

――今回の雄のトゲナナフシの発見、どう思う?

すごいことだと思います。40年間、昆虫を見ていますが、トゲナナフシのオスを見るのは初めてです。森下さんから連絡があった際は、見たくてたまりませんでした。動いている実物を見るのは夢でした。


――泰成君からナナフシ愛は伝わってくる?

もうすごいです。トゲナナフシが食べる草も研究されていて、私も泰成君から教えてもらっています。


――実物を見て、どうやって雄だと判断した?

ナナフシの系統は、一般的にメスに比べてオスが小さい。メスの体長が7センチに対し、オスの体長は4センチでした。横幅の太り加減も、オスのほうが細い。森下さんのお母様から7月7日に交尾したかもしれないということも聞いていたので、オスだと確信しました。
 

雌の卵は厳重に保管、雄はDNA解析できるよう標本に

――トゲナナフシの特徴は?

日本の本州、四国、九州などに分布してます。雄も雌も羽がなく、背中にトゲが並んでいるのが特徴です。体長は雌は7センチ前後です。ちなみに、今回見つかった雄は4センチ前後です。


――ナナフシの種類の中には、他にも雄がレアなものがいる?

コブナナフシというナナフシは雄も雌もいます。雌だけ隔離して卵を産むと、そこから産まれるのは雌だけですが、野外で雄と交尾した雌から産まれた卵は、雄と雌が出てきます。
また、ナナフシの種類の中には、暖かい地方だと雄と雌の交尾で産まれますが、寒冷地だと雌のみから産まれるというものもいます。


――トゲナナフシの飼育は難しい?

何を食べるかを押さえておけば、意外と簡単です。食べるものを与えてやれば、それがどんどん卵を産んでいくので、卵が採れます。


――今後、寄贈されたトゲナナフシはどうなっていく?

雄と交尾したと思われる雌は、隔離して卵を取り、卵は厳重に保管してます。
雄は、名古屋で採集した雌3匹と暮らしており、交尾した場合には、交尾した雌の卵も今後の研究に活かす予定です。雄が亡くなったら、DNA解析できるように標本を作り、保管・管理します。
 

専門家も初めて見たという発見をした泰成君、この先、魚の世界でも、専門家を驚かせるような発見を期待したい。